北京 天壇

北京の天壇北京
この記事は約7分で読めます。

天壇は世界遺産で見逃せない観光スポットです。

街の中心部にあり、地下鉄でアクセスできるので便利です。

この記事を読んでほしい人
  • 北京の天壇を観光したい
  • 北京に旅行や出張に行く予定がある
  • 中国の歴史に興味がある
スポンサーリンク

天壇のガイドマップ

北京の天壇のガイドマップ

天壇は東口から入りました。

観光ルートとしてはまず祈年殿を見て、南へ移動し、皇穹宇を見て、圜丘を見て、南門から出ます。

七十二長廊を歩き祈年殿に向かいます

北京の天壇の七十二長廊

入り口からしばらく長廊が続きます。

公園としても利用されているのでゆっくり読書をしている人や歌を歌っている人などもたくさんいました。

北京の天壇の七十二長廊から見る祈年殿

祈年殿が遠くに見えます。

祈年殿

北京の天壇の祈年殿

祈年殿が近づいてきました。

祈年殿は1420年の建設で、1545年と1751年に改築されています。
1889年に落雷があり、数年後に再建されています。

また2008年の北京オリンピック前の2006年に修復がされています。

形状や色づかいがすごく中国らしいと思います。

北京の天壇の祈年殿

祈年殿は皇帝が毎年旧暦の1に豊作を祈った場所です。

円形の木造建築で釘などは使われていません。

大理石でできた3層の壇の上に建てられています。

北京の天壇の祈年殿

空の青い色と建物色がすごくマッチして、写真がすごく映えます!

祈年殿の高さは38.2m、直径は24.2mです。

青、黄、緑の3色は天、地、万物を表しています。

せっかく北京に行ったのであれば、天壇の祈年殿はぜひ見ていただけたらと思います。

北京の天壇の祈年殿のアップ

祈年殿の屋根の部分のアップです。

ものすごく精巧な技術が集約されていると思います。

北京の天壇の祈年殿の内部

祈年殿の内部には4つの大きな柱があります。

この4つの柱は龍井柱と呼ばれ、春夏秋冬の4つの季節を表しています。

その周囲には12本の柱があり、1年の12ケ月を表し、さらにある12本の柱は12の時刻を表しています。

北京の天壇の皇帝の道

故宮にもありますが、この天壇も皇帝にまつわる場所のため、皇帝用の道があります。

大きな一枚の石の板に彫刻が彫られています。

北京の天壇の調度品

何気なく置かれている調度品も興味深いです。

中国では古代から置物などの脚が3本になっているものが多いです。

3本の脚で支える鼎立の技術や文化もすごいと私は思います。

天壇の展示物など

北京の天壇

建物内部にいろいろと展示がされていますので、そちらもぜひ見学してください。

天壇の歴史などの解説などがあります。

写真や模型なども使われているため、中国語がわからなくてもある程度理解できます。

皇穹宇

北京の天壇の皇穹宇

祈年殿からまっすぐ南に歩いてくると皇穹宇があります。

祈年殿を一層にして小さくしたような形です。

北京の天壇の道

祈年殿からはかなり距離がありますが、まっすぐなので道は迷わないと思います。

人の流れについていけば問題ないと思います。

北京の天壇の皇穹宇

皇穹宇は明の時代の1530年に建設され、当初は「泰神殿」という名前でしたが、1538年に皇穹宇に改名されています。

その後、1752年に改修され、現在に至っています。

皇穹宇の大きさは高さ19.5メートル、直径15・6メートルです。

「回音石」と呼ばれる3つの石があり、1つ目の石の上で手をたたくと1回、2つ目だと2回、3つ目だと3回、音が返ってくるらしいです。

人が多いので正直よくわかりませんでした。

圜丘壇

北京の天壇の園丘壇

圜丘壇は皇穹宇のさらに南側にあります。

祈年殿の建物がないようなイメージです。

圜丘壇は明や清の時代の皇帝が冬至にその年に起きたことを天に報告した場所です。

北京の天壇の園丘譚の天心石

圜丘壇の最上段には中央の石の周囲に9個の石、その周囲には18個の石、一番外側にあたる9周目には81個の石と皇帝にちなんですべて9の倍数で作られています。

北京の天壇の園丘壇

ちなみに階段も1層あがるのに9つの階段になっています。

中国では最大の陽数である9は皇帝の数字とされてきたからです。

天壇は世界遺産

北京の天壇は世界遺産

天壇は1998 年に世界文化遺産として登録されています。

天壇の観光情報

公園として利用する人もいるので朝早くから夜まで開いています。

祈年殿、回音壁、圜丘の観覧は時間が限られていますので注意してください。

天壇の観光情報
  • 住所:北京市东城区天坛东路甲1号
  • 開園時間:旺季 6:00~21:00 淡季 6:30~21:00
  • 入場券:旺季(4月1日~10月31日)大人 15元
  • 入場・観覧セット券(祈年殿、回音壁、圜丘):旺季34元
  • 入場券:淡季(11月1日~3月31日)大人 10元
  • 入場・観覧セット券(祈年殿、回音壁、圜丘)淡季28元
  • 観覧券(祈年殿、回音壁、圜丘):20元
  • 観覧券(神楽署):10元
  • 入場券販売時間:旺季 6:00~20:00 淡季 6:30~20:00
  • セット券販売時間:旺季 8:00~16:00 淡季 8:00~15:30
  • 観覧券販売時間:旺季 8:00~16:30 淡季 8:00~16:00
  • 観光時間目安:2~3時間程度

天壇の交通アクセス・行き方・地図

街の中心にあるため、交通の便は良いですが、地下鉄が無難です。

地下鉄
  • 地下鉄5号線「天坛东门」駅(最寄駅)

往路のバス

バス
  • 法华寺(177m)・・・6路、34路、35路、36路、39路、41路、43路、60路、72路、116路、128路、525路、599路、684路、夜11路、夜24路
  • 天坛体育场(278m)・・・39路、54路、128路、525路、599路、684路、957路、958路、夜24路、专2路
  • 北京体育馆西(366m)・・・6路、34路、35路、36路、41路、54路、60路、72路、116路、957路、夜11路、专2路

復路のバス

帰りは南出口からになります。

かなり歩いたので同じ距離をもう1回歩けば地下鉄の駅に戻れますが、それも大変なので、「天坛南门」のバス停から525路か958路に乗れば地下鉄の「天坛东门」駅近くに戻れます。「天坛体育场」で下車してください。
(方角を間違えないようにしてくださいね。)

バス
  • 天坛南门(172m)・・・36路、53路、62路、122路、525路958路、特11路、特12路内环、特12路外环、夜20路内环、夜20路外环

南出口付近にタクシーも待っていますが、こういう観光地では、中には高い料金を言ってきたり、遠回りされるケースもありますのでご注意ください。

天壇周辺の地図

天壇の観光ワンポイントアドバイス

しゅうしゅう
しゅうしゅう
  • 地下鉄で「天坛东门」で下車、東門から入場、南門から出場がスムーズです。
  • 入園と観覧のセット券が便利です。
  • チケットの販売時間に注意してください。(公園は夜も空いていますが、観覧はできません)
  • かなり歩くので運動靴などが無難です。
  • 夏は暑さ対策・日焼け対策、冬は防寒対策が必要です。

北京の観光スポットやグルメ

万里の長城や頤和園など北京の人気観光スポットはこちら

万里の長城(八達嶺長城)~中国で一番おすすめする観光地~
北京の北西部にある世界遺産の万里の長城(八達嶺長城)の観光情報(入場料・開園時間)、交通アクセス・行き方・地図などをご紹介します。北京に行って万里の長城を見ないなんて後悔すると思います。北京に慣れていないと行き方が少しわかりにくいので、電車やバスでの行き方も解説しています。
北京 天安門広場 観光情報と行き方
北京の天安門広場の写真や観光情報、交通アクセス、行き方(地下鉄やバスの最寄駅)、地図を紹介します。天安門広場の周囲には人民大会堂・人民英雄紀念碑・毛主席紀念堂・中国国家博物館などがあります。
北京 故宮博物院
北京の故宮博物院の写真や観光情報、交通アクセス、行き方(地下鉄やバスの最寄駅)、地図を紹介します。私は何度も故宮に行ったので、多くの写真を使って、くわしく解説したいと思います。最近は入場予約が必要なので、チケット引き換え場所なども解説しておきます。
北京 頤和園 ~中国最大規模の皇室庭園~
北京の「頤和園」の見どころや開園時間などの観光情報、交通アクセス・地下鉄やバスでの行き方(最寄駅)・地図を紹介しています。清朝の西太后の離宮である頤和園、山あり、湖ありと気持ちが落ち着く大庭園です。頤和園は世界遺産にも登録されており、おすすめの人気観光スポットです。
王府井小吃街 ~中国の屋台大集合~
北京の繁華街の王府井にある「王府井小吃街」という中国の屋台が大集合した観光名所の観光情報、交通アクセス(地下鉄最寄駅)・行き方・地図などをご紹介します。見るだけでも楽しめる北京でおすすめの人気観光スポットです。

北京ダックや火鍋など北京の名物料理はこちら

ガイドブックが必要な人向けの情報です





  • お好きなガイドブックで良いので1冊あれば旅行が充実します。
  • 送料無料のショップも多いです。
  • 私は本を持ち歩くのも大変なので電子ブックを購入しています。