百度地図アプリの使い方(バス路線図)

百度地図のバス路線検索生活
スポンサーリンク

百度地図アプリ バス路線図を利用してバスを乗りこなそう

百度地図アプリですが、なんと簡単にバス路線図も出せます

日本に比べれば中国はタクシーが圧倒的に安いので、短期で中国に旅行ツアーに来ている人はタクシーの方が自分の行きたい場所に直接行けるので、便利だと思います。

中国語ができなくても、メモ用紙や携帯電話を使って、目的地を伝えれば、運転手との会話も成り立つと思います。

しかし場所によってはタクシーがいなかったり、あるいは近すぎるとか、タクシーの運転手が行きたい方向ではないとかでタクシーの運転手に乗車拒否されたりする場合も中国ではあります。

また中長期で中国にいるケースもしょっちゅうタクシーを使えば安いといえど、バスが使えればより安く移動できると思います。

そういう意味でバスも乗りこなすことができれば、より経済的に効率的に移動ができます。

中国のバスは大都市でも2~3元(距離によって変動)くらいですし、地方にいけば1元のところもあります。

交通カードを使えばさらに割引があったりする場合もあります。

私は移動には中国ではバスをよく使いますので、百度地図アプリのこの機能は重宝しています。

百度地図アプリ バス路線 検索条件の入れ方

例えば北京で15路のバスを調べる場合はアプリ上部の検索欄に「15路 北京市」と入れます。

すると15路のバスのルートが出てきます。

百度地図アプリにすでに北京の地図を出しているなら、「15路」だけでも出てきます。

また下部にどちら向きかと始発、終発も表示されます。

百度地図でバス路線を検索

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15路(天桥商场ー动物园枢纽站)というのは天桥商场→动物园枢纽站の向きという意味で、逆に15路(动物园枢纽站ー天桥商场)は逆向きの动物园枢纽站→天桥商场向きという意味です。

両方の路線も始発バスが5:00、最終バスが23:00という意味です。

ご存知の方も多いかもしれませんが、中国の路線バスは基本的に時刻表はありません

よく来るバスは頻繁に来ますし、本数の少ないバスはある程度感覚があきます。

始発・最終もある意味、目安に考えた方がよいです。

始発が5:00だからと言って、5:00より前から待っていれば5:00に必ず来るとは限らないと考えた方がよいと思います。

百度地図アプリでバスの向きを選択する

次にバスの向きを選択します。ここでは百度地図アプリで「15路(天桥商场ー动物园枢纽站)」を選んでみました。そうするとこんな画面になります。

百度地図アプリのバス路線図の詳細

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百度地図アプリに各バスの停留所の一覧が出てきます。

「票价 2.0 – 3.0元」というのはバスの料金で2元~3元という意味です。

初乗りが2元で距離が長くなれば3元という意味です。

「7号线(7号線)」「2号线」「4号线」の表示は地下鉄の乗り換えポイントです。

つまりこのバスの停留所で降りれば、地下鉄に乗り換えられるという意味です。

(ただし近い場合もあればちょっと遠い場合もあります)

この情報でバスと地下鉄の組み合わせでの移動ができ、とても便利です。

効率的な移動のおすすめパターンとしては、地下鉄がないところにいる場合は、まずバスで地下鉄のあるところまで行き、そこでバスから地下鉄に乗り換えて移動というのがよいと思います。

理由は、バスは便利ではありますが、場所と時間によっては渋滞がよくあるので、地下鉄のあるエリアに入れば渋滞しない地下鉄で移動する方が効率的です。

日本と比較すれば中国では地下鉄も料金は安いです。

百度地図アプリで、さきほどの画面を上にスクロールすると

百度地図のバス路線図の地図部分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

百度地図アプリに大きくなったバス路線図が出て、路線全体の地理的な位置関係もよくわかります。

ぜひ百度地図アプリのこの機能を使って、バスを使いこなしてください。

 

百度地図アプリのインストールや行き先の検索方法はこちらをどうぞ

 

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
\気に入ったらシェアをお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

Sakura Mobile 海外WIFI

Sakura Mobile 海外WIFIは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーターで通信料制限がない
〇上海・北京は中国の空港受け取りができる(出発前にバタバタしない)
〇上海・北京なら最悪日本を出国してからでもネットで当日予約可能
△成田・上海・北京以外は受け取りが宅配送料がかかる

Scramble China

海外用Wi-Fi通信レンタル「イモトのWiFi」の格安新サービスです。
Scramble Chinaも中国国内での規制により利用できないGoogle関係アプリやSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーター
〇中国の主要都市をカバー
△受け取りが宅配送料がかかり、出国日の前日到着
△500MB/日や1GB/日など通信料の制限がある

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ