鄭州東駅から10分で新鄭空港に行く方法

新鄭空港駅生活

河南省の鄭州は交通の要所として有名な場所です。

特に鉄道においては、「五纵六横七连线」ということで2010年から2040年の30年をかけて新幹線網を整備する壮大な計画があります。

完成すれば、縦の京港線(北京~香港)と横の盐西線(盐城~西宁)が鄭州で交わります。

スポンサーリンク

鄭州市内から新鄭空港まで高鉄(新幹線)があります

「鄭州市内から10分で新鄭空港に行く方法」は高鉄(新幹線)に乗るという方法です。

交通の要所という特徴を活かす発想で新幹線の鄭州東駅新鄭空港が新幹線で結ばれています。

(本数は少ないですが、鄭州駅~新鄭空港という新幹線もあります)

わかりやすく言うと、成田空港と東京駅が新幹線で直線で結ばれており、東京駅から成田空港まで10分でいけるという感じですね。

大阪なら新大阪駅と関空という感じですね。

日本は新幹線駅の周辺は過密状態で新しく鉄道を引くのは容易ではありませんが、中国では今まさに新幹線を整備しているので、新幹線の鄭州東駅も新鄭空港も計画通り建設できるというわけですね。

 

ここからは鄭州東駅~新鄭空港の移動方法を詳しく解説していきます。

地下鉄の鄭州東駅で高鉄の鄭州駅に乗り換える

地下鉄鄭州東駅

まず地下鉄で鄭州東駅まで移動します。

地下鉄の1号線と5号線が鄭州東駅を通っています。

地下鉄鄭州東駅のマップ

地下鉄鄭州東駅のマップです。

新幹線のチケット売り場に直接つながっている出口があります。

地下鉄鄭州東の乗り換え口

このJ出口は高铁站售票厅(新幹線の駅のチケット売り場)につながっています。

英語でRAILWAY TICKETSとも書かれています。

乗り換えもとても便利にできています。

高鉄の鄭州東駅で新幹線のチケットを買います

高鉄の鄭州東駅

先ほどの改札を出ると、高鉄の鄭州東駅です。

售票处(チケット売り場)は1Fです。

鄭州東駅の構造

鄭州東駅の構造

F1は「到着」の階、F2は「ホーム」の階、F3は「出発(ホームに入るための進入口)」の階、F4は「商業施設(レストラン、お土産物など)」となっています。

中国の高鉄(新幹線)のチケットの買い方

STEP1 チケット売り場に行く

鄭州東駅のチケット売り場

チケット売り場はこんな感じです。

中国のどの駅でもよく似た感じです。

中国の人は身分証明書のカードを使って、自動販売機でもチケットを購入できますが、日本人がチケットを買う場合はパスポートが必要なので窓口に並ぶ必要があります。

STEP2 窓口にならぶ

鄭州東駅のチケット売り場の行列

この窓口ですが、いつも長蛇の列になっていて、時間がかかります。

だいたいこの窓口に並んでいる人は自動販売機では買いにくいような乗り換えが複雑なものや、チケットの払い戻しや列車の変更やその他何か問題を抱えているケースなどが多いです。

そのために一人ひとりの時間が長く列がなかなか進まないなんてことも日常茶飯事に発生します。

高鉄(新幹線)チケット売り場の窓口の表示
售票・・・チケットの販売
退票・・・チケットの払い戻し
改签・・・チケットの変更
暂停服务・・・サービス停止の窓口

「售票」と書かれている列に並びます。

STEP3 窓口でほしいチケットの内容を伝える

鄭州東駅のチケット販売窓口の画面

窓口でパスポートを出して、窓口で乗りたい電車の経路、日時または車番、座席の種類(二等車など)などを伝えます。

(新鄭空港往きは座席の種類はなく全部同じ座席(=二等席)です)

そうすると窓口にある画面にチケットの内容が表示されます。

それを見て問題なければ、購入します。

この例では鄭州駅発、新鄭空港往きのC2805 12:10発を1枚購入しています。

値段ですが、なんと12元(1元=16円の場合、192円)です。

スピードも速くて早く着くのに、めっちゃ安いですね。

高鉄の電子チケット

Eチケットでした。

中国はいろんな仕組みもどんどん新しくなっていきますね。

鄭州東駅の中に入ります

鄭州東駅の案内板

鄭州東駅の入り口は3Fなので、3Fに上がります。

鄭州東駅の3階

入り口がありますので、中に入ります。

鄭州東駅入り口の検査口

いつもの安全検査です。

今回はチケットはないので、Eチケットの控えとパスポートを渡して中に入ります。

中国では鉄道に乗るときも金属探知機でのボディーチェックや荷物検査があります。
パスポートとチケットの確認もあります

鄭州東駅の3階フロア(出発ロビー)

鄭州東駅の3Fの案内図

安全検査を通り、中に入りました。

入り口に3Fのフロアマップがありました。

鄭州東駅のフロアガイド

今は3Fの出発ロビー(待合スペース)にいます。

中国では自分の電車が来るまでの間、この出発ロビー(待合スペース)で待ちます。
時間が来るまでホームにはおりられません。

鄭州東駅の出発ロビー(待合スペース)

待合スペースはとても広く、ホームもかなりたくさんあります。

この鄭州東駅でも32番ホームまであります。

鄭州東の出発列車予定

掲示板で自分の電車のホームを確認します。

(ホームの番号はチケットにも記載されています)

12:10発のC2805なのでホームは20Bです。

鄭州東駅の出発ロビー

出発ロビーには売店などもありますし、上の階(4階)にはレストランなどもあります。

鄭州東駅の出発ロビーその2

さすが中国、この出発ロビーもすごく広いです。

検票口からホームに入ります

鄭州東駅の検票口

目的の20B の検票口(改札)に到着しました。

検票口(改札)は列車が到着する15分程度前にしか開きません。

それまでは検票口(改札)近くのベンチに座って改札が開くのを待ちます。

時間が近づいてくるとアナウンスがされる前から検票口(改札)の前に列ができます。

鄭州東駅の検票口(改札)自動

検票口(改札)が開くと、自動改札(青色の矢印)で通常は乗車します。

中国の人は身分証明書や磁気チケットなどで入ります。

鄭州東駅の検票口(改札)紙のチケット用

この赤色の矢印は磁気のない紙のチケットなどの場合の入り口です。

日本でよくある「裏が白いチケット」の改札みたいなイメージです。

今回はEチケットだったので、こちらの改札で身分証明書とEチケットを見せて入りました。

鄭州東駅のホームへのエスカレーター

改札を抜けるとホームに降りるエスカレーターと階段があります。

鄭州東駅のホーム

鄭州東駅のホームです。

今回のチケットには号車や座席番号の指定がないので、適当な場所で待ちます。

新鄭空港往きの高鉄(新幹線)に乗車します

鄭州東駅の空港行きの新幹線

新幹線がホームに入ってきました。

車体は中国の新幹線でよくみかけるタイプではなく、日本の特急のイメージの車両でした。

新鄭空港往きの新幹線の座席その1

座席の指定は特にないので、空いている席に座ります。

新鄭空港行きの新幹線の座席その2

この日はあまり乗客はいませんでした。

新鄭空港行きの新幹線の車窓

この日はあいにく外は雨です。

鄭州東駅から新鄭空港までほぼ直線でした。

中国は大陸だということを実感できます。

新鄭空港駅に到着

10分くらいで新鄭空港駅に到着です。

本当にあっという間に到着です。

新鄭空港駅を出て、新鄭空港の出発ロビーへ移動します

新鄭空港のホーム

ホームには落下防止用の出入り口があるのですが、電車が地下鉄車両などと異なるためか、出入口があっていませんでした。

新鄭空港駅の出口に向かうその1

出口の案内に従って、エスカレーターで上にあがります。

新鄭空港駅の出口に向かうその2

鉄道の到着出口方面に向かいます。

新鄭空港駅の出口に向かうその3

改札を出て、さらにまっすぐ行きます。

新鄭空港の第2ターミナル方面へ向かう

ターミナル2の案内板に従って進みます。

新鄭空港の出発ロビーへの移動

出発ロビーにはエスカレータで向かいます。

新鄭空港の出発ロビー

目的の新鄭空港の出発ロビーに到着です。

この10分の高鉄の移動は本当に便利ですね。

スポンサーリンク
嵩山 少林寺 ~カンフーで有名な少林寺に行きました~
河南省の嵩山にある少林寺の写真や観光情報、交通アクセス・行き方・地図をご紹介します。山岳部の奥かつ山の上で秘境感があります。天地の中央にある登封の史跡群として世界遺産に登録されています。観光向けにカンフーショーもありました。おすすめの観光地です。鄭州からのバスでの行き方を解説しています。
河南名物の烩面
中国にはいろいろな麺料理があります。この烩面は河南省名物の麺料理の1つです。また「中国十大麺」の中の1つにもあげられています。
餄餎麺/饸饹面
中国の餄餎麺/饸饹面はユニークな作り方で有名です。小麦の生地を器具に入れて、まるでところてんのように押し出して麺を作ります。まるくてつるつるする麺で、コシもしっかりあって、けっこうおいしかったです。中国語の発音は饸饹面 hélemiàn です。合饹面と書かれることもあります。
この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国に関して私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきます。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
生活
スポンサーリンク
\気に入ったらシェアをお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

Sakura Mobile 海外WIFI

Sakura Mobile 海外WIFIは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーターで通信料制限がない
〇上海・北京は中国の空港受け取りができる(出発前にバタバタしない)
〇上海・北京なら最悪日本を出国してからでもネットで当日予約可能
△成田・上海・北京以外は受け取りが宅配送料がかかる

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ