上海リニアモーターカーの乗り方

上海リニアモーターカーの車両生活
上海の都市情報
上海の地図上の位置、人口・面積・GDP・日本への就航都市などの都市情報や観光スポット、名物料理の紹介、上海の気温・降水量などの上海に関するいろんな情報を集めてみました。
スポンサーリンク

上海リニアモーターカー / 上海磁浮列车 / Shanghai Magrev Train

上海リニアモーターカーは上海浦東空港と浦東新区の龍陽路の間を走っています。

リニアは中国語では磁浮列车とよく言っています。

約30kmの距離をなんと7分から8分で走ってしまいます。

常設しているリニアでこれほどの超高速運転をしているリニアは他にないようです。

上海のリニアは2002年に開通をして、2004年から商業運航をしていて、今も普通に走っているという意味ではすごいと言えばすごいですね。

上海のリニアは朝は6:45から夜は21:40までの運行です。

早朝や夜遅めの時間はリニアは走っていません。

特に夜は比較的早く終わるので、リニアに乗れない場合はタクシーか地下鉄かバスになります。

上海浦東空港は夜遅くも便が到着しますが、早朝や深夜は交通手段が限られてくるので、タクシーに長蛇の列ができたり、始発の地下鉄が満員だったりします。

地下鉄も途中で乗換があったり、空港近くの駅は一駅の間隔が長く、思うより時間がかかります。

上海リニアのチケット売り場(上海空港駅=磁浮机场站)

上海リニアの上海空港駅

上海浦東空港のリニアの駅です。

中国語での名前は「磁浮机场站」と言います。

この改札のすぐ右側にチケット売り場があります。

上海リニアの上海空港駅のチケット売り場

こちらが上海リニアの磁浮机场站のチケット売り場です。

3つ窓口があります。基本的にはどの窓口でも同じです。

上海リニアのチケット売り場(龍陽路駅=龙阳路站)

上海リニアモーターカーのチケット売り場

こちらの写真はリニアの龍陽路駅の窓口です。

上海リニアのチケットの値段(価格)と割引

上海のリニアのチケットの値段は片道50元(有効期間:当日)、往復80元(有効期間:7日間)ですが、航空券を持っている人は片道も40元に割り引いてくれます

上海浦東空港駅では上海までの飛行機の半券など、龍陽路駅ではこれから乗る飛行機のEチケットの控えなどを見せれば割引OKです。

リニアの窓口では英語も通じます。

上海の交通カードを持っている人はチケットを買わなくてもよく、上海の交通カードでリニアに乗ることができます。その場合も40元です。

上海リニアモーターカーのチケットの値段

上海のリニアにはVIP席もありますが、ほとんど利用されているのを見たことがありません。

席も特別には見えません。

よほど一般人と接触したくない人がいれば価値があるのかもしれませんが。

一般人の私はリニアのVIP席は利用したことはありません。

上海リニアも改札前に荷物検査があります

上海リニアモーターカーの手荷物検査

上海リニアは改札の前に荷物検査があります。

空港と同じようにスーツケースや手荷物などをX線みたいな機械に通す必要があります。

空港と違い、あまり引っかかっている人は見かけたことがありません。

上海リニアの駅のホーム(龍陽路駅)

上海リニアモーターカーのホーム

上海リニアの龍陽路駅はホームまで上がれるので、ホームでリニアが来るのを待ちます。

上海浦東空港の駅(磁浮机场站)はホールで待ちます

上海リニアの上海空港駅の待合ホール

上海浦東空港駅はリニアの列車が到着して、乗客が下りるまでは、ホームに下してくれずに、改札を通ったホールで待たされます。

ホーム行きのエスカレーターが解放されれば、リニアのホームに降りられます。

上海リニアモーターカーの座席

上海リニアモーターカーの座席

リニアの普通席は座席の指定はありません。

座席は背もたれが高く、割とゆったりしています。

リニアの列車の入ったところに大きなスーツケースなどを置くためのスペースもあります。

座席で肝心なのが向きです。

ホームにリニアが入ってきた方向をよく覚えておいて、それと反対に進むので、後ろ向きに進むのがいやな人はそれを意識して座りましょう。

リニアの龍陽路駅は列車が入ってくるのが見えますし、反対側に行けないのも見えるので、どちらが前がわかります。

リニアの上海浦東空港駅はホームに入ってくるのが見れないのと、どちらが前かわかりにくいです。

係員がホームにいる場合は聞けば、教えてくれます。

上海リニアモーターカーの座席その2

リニアに乗る時間にもよるとは思いますが、リニアではあまり満員に遭遇したことがなく、いつも比較的すいています。

外国人を中心にリニアに乗りたい人が乗っているイメージがあります。

上海リニアの最高時速は431km/h

上海リニアモーターカーの最高速度431km

リニアは新幹線より確かに早い。

上海のリニアの最高時速はなんと431km

時間帯によって最高時速が431㎞になるときと、300㎞しか出ないときが決まっているので、431㎞にこだわる人はよく時間を調べてから乗った方がよいです。

今は431㎞が出る時間はかなり短く、朝9:00~10:45と15:00~15:45しかありません。

残りの時間はすべて300㎞しか出ません。

ちなみにこちらは300㎞のときの表示です。(301となっていますが)

上海リニアモーターカーの最高速度300km

リニアの横に高速道路を走るタクシーが見えるのですが、おそらく100㎞前後で高速をとばしているはずのタクシーがむなしいくらいすごく遅く見えます。

上海リニアモーターカーの車窓

最高速の時間もわずかで終わり、遅くなってきたなあと思うともう到着です。

本当にあっと言う間に着いてしまいます。

リニア 龍陽路駅(地図)

上海リニアモーターカーの龍陽路駅

リニアの龍陽路駅は地下鉄2号線、7号線、16号線に乗り換え可能です。

龍陽路でタクシーに乗り換える場合はタクシー乗り場から乗ることをおすすめします。

よく声をかけてくるタクシー運転手がいますが、たまにぼったくられるので注意してください。

私は声をかけてくるタクシーには絶対に乗りません。

上海の観光情報はこちらをどうぞ

龍陽路駅には小楊生煎があります

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
生活
スポンサーリンク
\気に入ったらシェアをお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

Sakura Mobile 海外WIFI

Sakura Mobile 海外WIFIは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーターで通信料制限がない
〇上海・北京は中国の空港受け取りができる(出発前にバタバタしない)
〇上海・北京なら最悪日本を出国してからでもネットで当日予約可能
△成田・上海・北京以外は受け取りが宅配送料がかかる

Scramble China

海外用Wi-Fi通信レンタル「イモトのWiFi」の格安新サービスです。
Scramble Chinaも中国国内での規制により利用できないGoogle関係アプリやSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーター
〇中国の主要都市をカバー
△受け取りが宅配送料がかかり、出国日の前日到着
△500MB/日や1GB/日など通信料の制限がある

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ