上海 豫園 ~江南式古典庭園の名園~

上海豫園の入り口 上海
スポンサーリンク

豫園 / 豫园 / Yuyuan

豫園の全国重点文物保護単位

上海で観光となると歴史のあるものは少なく近代的なものになりがちですが、この豫園は江南式古典庭園の名園と言われており、また街の中心部にあり行きやすい歴史的な観光スポットです。

また、この豫園周辺は非常にコンパクトな地域の中に、この豫園という庭園と買い物が便利な豫園商場とおいしいレストランがあり、効率よく中国を楽しめる観光スポットとなっています。

この豫園ですが、歴史としては明の時代の1559年に着工されたとのことです。

最初は明代の役人の私邸として建設されたようです。

その後、いろいろ改築され、1961年に完成し、現在に至るという歴史を持っています。

現在の面積は20,000㎢、建設時は現在の2倍以上の50,000㎢近くの広さがあったとのことです。

中国の趣きがある「楼閣」

上海豫園の建物その1

中国伝統の趣きのある建物が多くあります。

建物の周囲に庭や池があり、建物からそれらの景色を眺められます。

角度により、いろんな見え方があるので、その人ごとに好きな場所(好きな角度で庭を見る)というのがここに住んでいた人にはあったように思います。

観光としてさっと見学してしまうとなかなか気づかないこともあると思いますが、時間がある場合は、気に入った場所でゆっくり庭を眺めて休憩をしながら見るのが庭園を楽しむコツかもしれません。

上海豫園の庭園その1

中国の伝統を感じさせる「調度品」

建物の中に置かれている調度品も中国伝統を感じさせるものですし、建物の細工にも凝ったものがたくさんあります。

細部まで丁寧に見るといろいろな発見があると思います。

伝統的な江南式の「庭園」

上海豫園の庭園の石

庭園には江南庭園に多く見られる特徴的な変わった形の石がたくさんあります。

庭も広く、それぞれがつながっているのですが迷路のようでもあります。

地面も細かな石で道を作っている部分などもあり、細部にわたって手が込んでいます。

上海豫園の地面その1

1290年に鋳造された「元代鉄獅」

上海豫園の元代鉄獅

「漸入佳境」という遊廊に入る手前に獅子像が2頭置かれています。

左が雌、右が雄です。

上海豫園の元代鉄獅の雌

上海豫園の元代鉄獅の雄

雌の足元には子供がいます。

この獅子像ですが、なんと1290年に河北省の安陽県で鋳造されたとのことです。

1290年と言えば日本では鎌倉時代にあたりますね。

細部まで細工がこった「回廊」

上海豫園の回廊その1

各建物の間は回廊でつながれています。

回廊からも庭園が垣間見れますのでよくみてくださいね。

上海豫園の回廊右

左右2つに分かれている回廊が1ケ所あります。

2つに分かれている理由としてなぜか男性と女性の通り道を分けていた!?という話も聞いたことがあります。

 

壁の上部が龍になっている「龍壁」

上海豫園の龍壁その1

壁の上部が龍になっていて、波打った形になっており、非常に凝っていますので見逃さないようにして下さい。

中国では「一般人が龍を家の装飾に使うのは・・・ということで足の指を3本にしてある=龍ではない」とのことでした。

よく見たら確かにそうなっていました。

豫園の観光情報

  • 住所:上海市黄浦区安仁街137号
  • 景区級別:AAA
  • 入場料:旺季40元 淡季30元
  • 開園時間:旺季(3/1~10/31)8:30~17:30 淡季(11/1~2/28) 8:30~17:00
  • 観光時間目安:1~2時間

豫園の交通アクセス・行き方・地図

  • 地下鉄10号線 豫园 から492m
  • バス 城隍・庙豫园(198m)・・・都市观光旅游1号,都市观光旅游3号,都市观光旅游5号
  • バス 新北门(273m)・・・11路内圈,11路外圈,26路,64路,304路,736路低谷定班,805路,920路,926路,930路
  • バス 城隍庙(277m)・・・932路

豫園のワンポイントアドバイス

  • 豫園は庭園なので、庭園に興味のない方には不向き。
  • 近くに豫園商城があり、お土産などの買い物にも便利ですよ。
  • 買い物をするときは値引き交渉ができることが多いです。
  • 豫園商城は人が多いので、スリや置き引きには注意してくださいね。客引きもいますので、流暢な日本語で話しかけられたら少し注意した方がよいかもしれません
  • 近くの南翔馒头店の小籠包は激うまです。並んでも食べる価値があると思います。階によってメニュー・価格が異なりますので、最高級の小籠包を食べたければ最上階へ行かれることをお勧めします。安く食べたいのであれば1階で良いと思います。
  • 周辺には高いですが、伝統的な上海料理店もたくさんあります。
  • 豫園は夜は閉まっていますが、豫園商城付近の夜はライトアップされてとても幻想的です

 

中国の伝統的な街並みの豫園商城はこちらをどうぞ

上海のグルメはこちらをどうぞ

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものだけをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
上海観光
\気に入ったらシェアをお願いします/
\しゅうしゅうをフォローお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

スカイスキャナー

海外航空券の検索比較サイトです。
いろんなサイトの価格比較をするのは大変なので私はこのサイトで一番安い価格をよく探します。

◎LCCも含めて一気に航空券の比較が可能
◎ホームページが使いやすい(検索条件など)
○「最適」「最安」「最短」のプラン提示
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
○大阪ー中国のような探し方もできる
(大阪から中国のどの都市が最低いくらかなど)

Trivago

国内・海外ホテルの検索比較サイトです。
いろんなサイトのホテル価格を一気に比較し、予約ができます。

◎CMでもおなじみで安心
◎一気にホテル価格の比較が可能
◎ホームページが使いやすい
○地図と連動し、ホテルの位置がわかる
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
〇各サイト比較でこれまで安いと思っていたサイトが高い場合もあることがわかる

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ