武漢 黄鶴楼 ~武漢で観光と言えばここがおすすめ~

武漢の黄鶴閣武漢
武漢の都市情報
武漢の地図上の位置、人口・面積・GDP・日本への就航都市などの都市情報や観光スポット、名物料理の紹介、武漢の気温・降水量などの武漢に関するいろんな情報を集めてみました。武漢の武昌・漢口・漢陽の3つの地区も解説しています。
スポンサーリンク

江南三大名楼、三国志ゆかりの地 武漢 黄鶴楼(武汉 黄鹤楼)

長江は別格として、武漢で観光と言えばやっぱり黄鶴楼ですね。

必見の観光地と思います。

黄鶴楼は実際にすごく良かったです。

ただ私は夏に行ったのですごく暑かったです。

武漢の夏はすごい暑いことで有名な場所なので真夏は避けた方が良いと思います。

武漢は長江と漢江を境目に武昌地区(長江東岸)漢口地区(長江西岸、漢江北岸)漢陽(長江西岸、漢江南岸)の3つの地区に分かれています。

ホテルが長江西岸の漢口地区にありましたので、バスで長江の渡し船の乗り場に行き、小さな渡し船で黄鶴楼のある長江東岸の武昌地区に渡りました。

長江大橋の麓に着くので、そこからは徒歩で10分くらい軽い上りの道を歩きました。

道中は黄鶴楼に行く道は観光客が多く通ることもあり、いろんなお店がありました。

小吃街(屋台が集まった場所)や鱼疗(魚がいっぱいいる水の中に足を入れて、魚が足の角質を食べる療法)などもたくさんあり、楽しめます。

私も実際に鱼疗を楽しんでみました。

黄鶴楼

黄鶴楼の全景

小高い丘の上に黄鶴楼はあります。

いかにも中国という雰囲気で、江南三大名楼の1つです。
元は三国時代の223年に呉の孫権によって軍事目的で小高い丘の上に建てられたとのこと、当時とほぼ同じ位置に再建されたようです。

(以前はもう少し長江の近くだったようです)

私は三国志好きなので、呉の武将たちが頭に浮かび、格別の思いがしました。

また李白をはじめとする歴代の有名な詩人たちの詩にも黄鶴楼は何度も詠まれています。

黄鶴楼の西門(チケット売り場)

武漢の黄鶴楼西門

西門と東門があり、私は西門から入りました。

敷地はかなり広くメインの楼閣以外にも見どころがたくさんあります。

西門の左側(上の写真の左下の部分)にチケット売り場があり、チケットを購入して階段を上がれば入り口です。

黄鶴楼のマップ

西門のところにガイドマップがありますので参考にしてください。

勝像宝塔・”三楚一楼”大牌坊・”黄鶴帰来”

武漢黄鶴楼閣の勝像宝塔

最初に目に入ったのが、勝像宝塔

この塔も貴重なもののようです。

1343年に造られたもののようです。

黄鶴楼の勝像宝塔

日本語解説があれば良いですが、中国語か英語か韓国語しかありませんでした。
私の場合は英語があまり得意ではなく、中国語の方が得意なので、中国語で読みました。

黄鶴閣の"三楚一楼"大牌坊

三楚の地域内で最も優れた塔であるという漢詩に詠まれたということを記念する「”三楚一楼”大牌坊」などがあります。

”黄鶴帰来”の銅像

”黄鶴帰来”の銅像も楼閣の近くにあります。

鶴の銅像ですが、下部には亀がいました。

”黄鶴帰来”の銅像アップ写真

鶴のアップ写真です。

長江も見渡せる黄鶴楼楼閣の上からの素晴らしい景色

黄鶴閣の上からの景色(北)

階段ではありますが楼閣の上に登ることができます。

高さは51.4mです。

遠くまで見渡せるように小高い丘の上に建てられただけあって楼閣の上からの景色は最高でした。

長江大橋などもきれいに見えます。

黄鶴閣から見る長江

遠くには雄大な長江も見ることができます。

黄鶴閣の東側

東西南北それぞれの景色が見えます。

黄鶴閣の北東側

北東側の景色です。

黄鶴楼楼閣の内部

楼閣の1F天井

楼閣の1階です。

天井から釣り下がっていますがかなりの大きさです。

黄鶴閣の内部その1

鶴と黄鶴閣がタイルに描かれています。

黄鶴閣の内部その3

「黄鶴閣記」と書かれています。

唐の時代の黄鶴閣

唐代の黄鶴閣

唐の時代の黄鶴閣は高さも低いようです。

宋の時代の黄鶴閣

宋代の黄鶴閣

こちらは宋の時代の黄鶴閣の模型です。

唐の時代と比べて横幅なども広がって全体的に大きくなった感じがします。

清の時代の黄鶴閣

清代の黄鶴閣

清代の黄鶴閣の模型です。

この時代まで来ると現在の黄鶴閣のようですね。

黄鶴閣と詩人

黄鶴閣の詩人1

昔の様子がタイルに書かれています。

黄鶴閣の詩1

黄鶴閣にちなんだ詩と詩人の紹介がたくさんありました。

黄鶴閣の詩人2

時代を超えて、これだけの詩人が詠んでいるんですね。

黄鶴閣の詩人3

黄鶴閣の庭園

黄鶴閣の釣り鐘

黄鶴閣の楼閣の上から見えていた釣り鐘です。

近くにいくと思っていたよりも大きかったです。

黄鶴閣のその他2

黄鶴閣の中には庭園があります。

黄鶴閣の庭園の門

この庭園ですが、けっこう広いです。

黄鶴閣の庭園3

花も咲いていて、ごみなどもなく、手入れされているきれいな庭園です。

黄鶴閣の庭園の滝

小さな滝もありました。

黄鶴楼の東門

黄鶴閣の東門

かなり歩いてやっと東門に到着し、出ました。(こちらからも入場できます)
良かったけど、よく歩いたので足が疲れました。

黄鶴楼の観光情報(入場料金、開園時間など)

  • 住所:武汉市武昌区蛇山西山坡特1号
  • 景区級別:AAAAA
  • 入場料:80元
  • 営業時間(開園時間):夏季 8:00~18:00(冬季 8:00~17:00)
  • 観光時間目安:1~2時間程度

黄鶴楼の交通アクセス・行き方・地図

  • バス 黄鹤楼・・・10路、61路、401路、402路、yx10路、电1路、电4路、电7路
  • バス 解放路后长街・・・14路、15路、514路、521路、539路、542路、566路、572路、573路、578路、607路、717路、916路
  • バス 民主路司门口・・・14路、15路、521路、530路内环、572路、573路、717路、804路
  • バス 粮道街司门口・・・916路
  • バス 粮道街文华中学・・・573路、717路、916路
  • バス 民主路胭脂路・・・14路、15路、521路、530路内环、572路、573路、717路、804路
  • 轨道交通4号線 复兴路から1.1km
  • 渡し船 汉阳门码头・・・集汉轮渡专线、快顺二航线から1.1km
  • 渡し船 黄鹤楼码头・・・二航线、十航线から1.2km
  • 渡し船 中华路码头・・・快顺一航线、零点航班、一航线から1.2km

ワンポイントアドバイス

  • 黄楼閣の中は思ったより広いです。(なので足が疲れますので靴に注意しましょう)
  • 楼閣は階段での昇り降りでした(お年寄りなど特別な方専用にエレベーターはありました)
  • 私は長江の渡し船に乗りたかったので、そこから上りの道を10分ほど歩きましたが、途中もいろんな店があり、退屈はしなかったです。
この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国に関して私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきます。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
武漢 観光
スポンサーリンク
\気に入ったらシェアをお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

Sakura Mobile 海外WIFI

Sakura Mobile 海外WIFIは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーターで通信料制限がない
〇上海・北京は中国の空港受け取りができる(出発前にバタバタしない)
〇上海・北京なら最悪日本を出国してからでもネットで当日予約可能
△成田・上海・北京以外は受け取りが宅配送料がかかる

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ