シャングリラ・麗江 虎跳峡 ~長江の上流~

虎跳峡と金沙江 観光
スポンサーリンク

シャングリラ・麗江 虎跳峡 / 香格里拉 丽江 虎跳峡 / Hutiaoxia, Shangri-la Lijiang

以前から一度行ってみたかった秘境「虎跳峡」に念願がかない行くことができました。

秘境「虎跳峡」は雲南省麗江市とデチェン・チベット族自治州シャングリラ(香格里拉)市の中間

「虎跳峡」は雲南省麗江市とデチェン・チベット族自治州シャングリラ(香格里拉)市の中間に位置しています。日本から見れば、虎跳峡はかなりの秘境です。実際はかなりの距離がまだありますが、かなりチベットに近づいた感じがします。虎跳峡の周辺は少数民族の納西族(ナシ族)が住んでいる地域です。秘境であればあるほど行ってみたくなりますよね。「虎跳峡」がどれくらいの秘境感というと地図ではこんな位置です。

私の行き方は昆明(標高1,892m)→麗江(標高2,400m)→「虎跳峡」

私の「虎跳峡」の行き方を説明しますと、私はまず雲南省の省都である昆明に入りました。昆明は標高1,892mなので、まずここで体を標高に慣れさせました。その後、麗江に飛行機で一気に移動。麗江は標高2,400mです。麗江では確かに階段の上り下りをするときにちょっと息が早くあがるような気がしました。幸いにも頭が痛くなるなどは私はありませんでした。この麗江から約60kmのところに「虎跳峡」はあり、麗江からツアーで「虎跳峡」に行きました。

虎跳峡と金沙江の縦の写真

この「虎跳峡」周辺は2003年に「雲南三江併流の保護地域群」として世界遺産(世界自然遺産)に登録されています。この「虎跳峡」を流れる金沙江はあの長江の上流にあたります。これまで上海、南京、武漢で雄大な長江を見てきましたが、この虎跳峡ではかなり様子が違う長江を見ることができました。

 

「三江」の残りの2つの川は瀾滄江(メコン川の上流)と怒江(サルウィン川の上流)です。これら3つの川はともにチベット高原を源流としており、この狭い範囲で国際的にも有名な3つの川が併流しているという珍しい場所なのです。メコン川はその後ミャンマー・ラオス国境、タイ・ラオス国境、カンボジア、最後はベトナムまで流れていきます。サルウィン川はその後ミャンマーに入り、一部ミャンマーとタイの国境を流れていきます。

シャングリラ(香格里拉)上虎跳景区

上虎跳の観光案内板

「虎跳峡」は深い峡谷でこれが長江かと思えるくらい川幅が狭いところに非常に激しい水流が流れるのが見どころです。「虎跳峡」という名前の由来は、金沙江が渇水のときに猛虎が峡谷の岩を跳んで対岸に渡ったという伝説から来ています。虎跳峡の川の中には虎が跳んで川を渡ったときに踏み台にした「虎跳石」があります。

「虎跳峡」は上虎跳、中虎跳、下虎跳の三段峡谷に分かれており、上虎跳が最も上流で川幅も狭くなっています。一番狭いところで川幅30mとのことでした。「虎跳石」もここにあります。川の上に駐車場があり、そこから10分から15分くらい降りていくと「虎跳峡(上虎跳)」に着きます。

上から虎跳峡を眺める

駐車場の上から峡谷を眺めましたが、深い峡谷で、かなり下りていかないといけません。歩いて下りていきます。(下りはいいですが、帰りに登るのが少し大変です)

上から眺めた虎跳峡の展望台

しばらく下りていくと、川の近くに展望台があるのが見えてきました。

ようやく虎跳峡の展望台に着きました(虎の像もあります)

虎跳峡(上虎跳)の展望台

展望台はこんな感じです。上から見ていたら小さく見えていましたが、実際に下りると思ったよりも広かったです。

虎跳峡の虎の像

展望台に虎の像があります。場所名が入っているので観光写真のスポットとして良いですね。

金沙江と虎跳石

虎跳峡の金沙江の流れ

展望台からは割と金沙江の近くまで行くことができます。金沙江は確かに水流が早く、荒波のような感じで流れていました。「虎跳峡」という名前の通り、虎は渡れるかもしれませんが、人間では渡れない感じがしました。渡るのに失敗すれば流されて岩で頭や体を打ってしまいそうな感じがします。

虎跳峡の虎跳石

これが虎跳石!?でしょうか。いくつか大きな石が金沙江にあります。でも虎でも渡れるの?というぐらいの感じですね。

虎跳峡の金沙江

近くに行くと、金沙江の激しい水の流れの音が大きく聞こえてきます。

虎跳峡の金沙江上流部(横)

展望台の上流部に行き、一番流れが激しいと思われる部分です。確かに激しいです。おそらくこのあたり一帯でここの部分が流れが激しいのだと思います。

虎跳峡の金沙江上流部(縦)

縦の写真です。この日は良い天気だったので、青空が映えます。

虎跳峡の金沙江下流部

金沙江下流部は少し川の流れ穏やかになった感があります。

標高5,596mの玉龍雪山も見える絶景

玉龍雪山

「虎跳峡」に行くのに時間はかかりますが道中も車窓から玉龍雪山(標高5,596m)など雄大な大自然が楽しめます。

玉龍雪山

ヒマラヤ感といいますか、チベット感を感じると思いませんか?

虎跳峡の周囲の山々

秘境に興味がある人は大自然がいっぱい楽しめる雲南省の「虎跳峡」にもぜひ行かれてはと思います。麗江まで行ったのなら、絶対に行くべきだと思います。

虎跳峡(上虎跳)の観光情報(場所、入場料、営業時間など)

  • 住所:迪庆藏族自治州香格里拉市虎跳峡镇
  • 景区級別:AAAA
  • 入場料:50元
  • 時間:8:00~18:00
  • 観光時間目安:1時間

虎跳峡(上虎跳)の交通アクセス・行き方・地図

  • 虎跳峡への行き方はかなり難しいので、虎跳峡には麗江からツアーで行くのが無難です。
  • バス 丽江古城でバスのチケット売り場で「虎跳峡」と言って、チケットを購入し、「虎跳峡镇(桥头镇)」で下車、そこから乗り合いタクシーを値段交渉して虎跳峡までは行けますが、当日帰るのなら、帰りの交通手段も考えれば現地の虎跳峡ツアーが良いと思います。

ワンポイントアドバイス

  • 途中で「長江第一湾」などの見どころもあるので、それも含めて、麗江から「虎跳峡」の日帰りツアーに参加するのが良いと思います。(秘境なので行き方が難しい)
  • 「虎跳峡」に行くには麗江市内からかなりの時間、山道を走ります。車酔いする人は酔い止めを持参しておいた方がよいです。(日本よりも運転が荒いです)
  • 「虎跳峡」は峡谷への上り下りがありますので、運動靴で行かれた方がよいと思います。

 

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものだけをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
観光麗江
\気に入ったらシェアをお願いします/
\しゅうしゅうをフォローお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

スカイスキャナー

海外航空券の検索比較サイトです。
いろんなサイトの価格比較をするのは大変なので私はこのサイトで一番安い価格をよく探します。

◎LCCも含めて一気に航空券の比較が可能
◎ホームページが使いやすい(検索条件など)
○「最適」「最安」「最短」のプラン提示
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
○大阪ー中国のような探し方もできる
(大阪から中国のどの都市が最低いくらかなど)

Trivago

国内・海外ホテルの検索比較サイトです。
いろんなサイトのホテル価格を一気に比較し、予約ができます。

◎CMでもおなじみで安心
◎一気にホテル価格の比較が可能
◎ホームページが使いやすい
○地図と連動し、ホテルの位置がわかる
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
〇各サイト比較でこれまで安いと思っていたサイトが高い場合もあることがわかる

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ