昆明 雲南民族村(白族)

雲南民族村白族村の白族三塔昆明
この記事は約4分で読めます。

雲南民族村の第二弾記事は白族村(ペー族の村)です。

白族(ペー族)と言えば、かつては大理国を作っていたチベット系の民族で、現在は雲南省の大理のペー族自治州を中心に住み、貴州省、四川省、重慶市、湖南省、ミャンマーの北部などにも一部住んでいます。

2000年の統計では約180万人です。

チベット・ビルマ語派のペー語という民族独自の言語を持っています。

民族名の由来は、未婚の女性が頭に巻き付ける白い羽根飾りから来ていると言われています。

また民族全体として白色は特別な色のようです。

スポンサーリンク

白族村(ペー族の村)

雲南民族村の白族村

白族村(ペー族の村)に入ったところです。

雲南民族村の白族村の広場

雲南省の民族と言えば、カラフルなイメージがあるのですが、この白族村は壁なども白く、街の様子も全体的に落ち着いた感じがあります。

雲南民族村の奥の建物

白族村の演劇場です。

大理の白族三塔のミニチュア版

雲南民族村の白族村にある白族三塔

もちろん本物ではありませんが、ミニチュア版でも雰囲気は出ているので、大理の雰囲気を感じられますよね。

白族(ペー族)の住居

雲南民族村の白族村の住居

住居の入り口の大門の近くに建てられる照壁と呼ばれる目隠しの壁です。

雲南民族村の白族の住居の中庭

中庭があり、それを囲む四方に部屋があります。

雲南民族村の白族の住居2

部屋の様子です。

雲南民族村の白族の住居の寝室

こちらは寝室です。

雲南民族村の白族住居の神棚

神棚ですね。

雲南民族村の白族に人々

白族(ペー族)の民族衣装です。

雲南大理白族銀銅器製作

雲南民族村の白族銀銅器

雲南の大理は銀製品の製作も有名なのです。

雲南民族村の白族銀製品の製作の様子

銀製品の製作を実演していました。

職人さんの仕事なんですね。

大理白族の銀製品の製品

たくさんの銀製品が売られていました。

こちらはブレスレットです。

大理石の工芸品など

白族の工芸品

雲南の大理と言えば、その名前の通り、大理石でも有名です。

大理石をふんだんに使った製品です。

白族の大理石製品

比較的小さな製品です。

白族の民芸品

いすやテーブルなどです。

白族村のお土産物屋さん

雲南民族村

白族村にあったお土産物屋さんです。

雲南民族村の白族村のお土産物屋さんの店内

アップの写真です。

スポンサーリンク

傣族寨(タイ族の村)

佤族、水族、布朗族、蒙古族の村

昆明 雲南民族村の観光情報

  • 住所:昆明市西山区西南郊滇池之畔, 滇池国家旅游度假区内
  • 景区級別:AAAA
  • 入場料(チケットの値段):90元
  • 営業時間(開園時間):8:30~17:00、18:00~22:00
  • 観光時間目安:3~4時間程度(ロープウエイから西山に移動して滇池・西山を観光するのと合わせて1日コースで予定を組むのが良いと思います。

昆明 雲南民族村の交通アクセス・バスでの行き方・地図

公共交通機関で行くならバスになります。

昆明市中心部からタクシーで行っても日本と比較すればそれほど高くは感じないと思います。

  • バス(云南民族村)・・・24路、44路、73路、94路、135路、165路、184路、233路、a1路、a9路

ワンポイントアドバイス

  • 中国のテーマパークなので、日本のものとはスケールが違います。村内はかなり広いです。移動に時間がかかるので、見るところに優先順位をつけてまわった方がよいと思います。
  • 移動手段としてバスは安いです。でも昆明市内からタクシーで行っても日本人からすれば全然安いので、人数がいる場合はタクシーも手だと思います。
  • 雲南民族村と西山の間はロープウェイがあり、さらに西山にはリフトがあります。西山からの滇池の景色は最高です。

雲南民族村の観光情報はこちら

昆明の観光情報はこちら

麗江・シャングリラの観光情報はこちら