大連現代博物館

大連博物館大連
この記事は約4分で読めます。

近代に発展をとげた大連ですが、戦争と街の発展など現代の歴史に関しての博物館です。

この記事を読んでほしい人
  • 出張や旅行で大連に行く予定の人
  • 日本の近代史に関心がある人
  • 旅順に観光に行く予定の人
スポンサーリンク

大連現代博物館の外観

大連現代博物館

星海広場近くにある大連現代博物館です。

近代的な作りでいかにも博物館という雰囲気の建物です。

大連博物館前の機関車

大連現代博物館の前には近代史と関係の深い機関車が展示されていました。

大連博物館の看板

写真の奥に入り口があります。

身分証明書を見せれば、無料で入場できます。
日本人はパスポートを見せれば無料で入場できます)

日本人でも入館できます。(私も実際に入場しました)

大連現代博物館の内部

大連博物館の内部

円形になっていて、各階に展示フロアがあります。

入り口から入場して、赤外線センサーなどを通過して、パスポートを見せて中に入ります。

大連博物館の屋根

なかなかモダンな感じですね。

巨大というわけではありませんが、小さくはないです。

大連現代博物館の展示

大連博物館の年表

大連の近代の歴史を詳細に紹介している美術館です。

年表は1840年から始まっていて、中国でアヘン戦争があった時期です。

1949年の中華人民共和国誕生までの歴史を大連の街を中心に各種展示がされています。

大連博物館の展示入り口

展示の入り口です。

船のいかりが海の街大連を感じさせますね。

大連博物館

展示は写真や図を中心に、解説は中国語で書かれています。
近代なので、実際のものも展示されています。

中国語が少し読めればわかりやすいと思います。

中国語が読めない場合でも写真・図解・展示物を見ればなんとなくわかることも多いと思います。

昔の大連の写真

昔の大連駅の写真

1903年の大連駅の写真です。

現在の大連駅が1937年にできるまではこの駅を利用していたようです。

今の大連駅の昔の様子

現在の大連駅が1937年に建設されましたが、その当時の写真です。

今と大きくは変わらない感じですね。

大連に日本人が住んでいたころの写真

大連に日本人が住んでいたころの写真です。

女性も和服を着ています。

日本にも関連する内容も少なからずあるのでけっこう勉強になると思います。

この大連現代博物館に興味のある方には203高地もおすすめ

大連現代博物館の交通アクセス・行き方・地図

場所的には星海広場の近くで、地下鉄1号線「会展中心」からすぐです。
路面電車やバスでも行くことができます。

大連現代博物館(大連博物館)の情報
  • 住所:大連市沙河口区星海广场会展路10号
  • 景区級別:AAAA
  • 営業時間(4/1~10/31):9:00~17:00
  • 営業時間(11/1~3/31):9:00~16:30
  • 休館日:月曜日
  • 入場料金:無料(入場にはパスポートが必要)
  • 観光時間目安:2時間
地下鉄

・地下鉄1号線・・・会展中心

大連の地下鉄の乗り方はこちら

バス・路面電車
  • 会展中心・・・16路、18路、22路、23路、27路、28路、28路加车、37路、49路、95路、202路、202路区间车、404路、406路、531路、542路、808路、901路、1121路、2002路、2002路鲍鱼肚加车、2002路郭水路加车、2002路横山寺加车、旅游环路、旅游环路西线
  • 星海广场・・・16路、18路、22路、23路、28路、28路加车、37路、49路、202路、202路区间车、406路、531路、542路、808路、901路

※202路は路面電車

大連のバス路面電車の乗り方はこちらへ

大連現代博物館のワンポイントアドバイス

しゅうしゅう
しゅうしゅう
  • 現代史を中心とした博物館です。
  • 旅順など戦争に関連する場所に行く前におすすめします。