旅順 203高地

旅順203高地 大連

日露戦争の激戦地、大連の旅順の203高地に行ってきました。

海抜203mであることから203高地と名付けられたようです。

大連市内からは地下鉄を乗り継いで旅順までは比較的簡単に行けます。

(ちなみに旅順は大連市旅順区です)

旅順から203高地まではおすすめできる公共交通機関がないのでタクシーが無難です。

というのも203高地はご存知の通り、日露戦争の激戦地です。

日本人には歴史的に関心が高い場所ですが、中国人にとってはあまり興味がない場所なのです。

なので気の利いた203高地観光用のバス路線なんかもありません。

私が行った日もお年寄りを中心とした日本人の観光ツアーの人たちが多く来られていました。

感覚的に観光客の9割以上が日本人だったように思います。

スポンサーリンク

203高地の入り口

旅順203高地の入り口付近の駐車場

地下鉄12号線の旅順駅のタクシー乗り場で「203高地」と言えば、ここまで来れます。

乗車時間は15分くらいでした。

入り口付近に比較的大きな駐車場があり、この駐車場までタクシーで入れました。

日本人向けの団体ツアーの観光バスが何台か止まっていました。

旅順203高地のチケット売り場

入り口の右側にチケット売り場があります。

203高地に入るのは無料なのですが、園内の観光車の乗車に片道10元のチケットが必要です。

中国の観光地によくあるパターンですね。(たいていのケースは乗車するのが無難です)

旅順203高地の入り口

入り口はこんな感じです。入場券がないので、検札もありません。

園内の観光車に乗って、中腹まで移動

旅順203高地の観光車乗り場

園内に入ってすぐのところに観光車の乗り場があります。

旅順203高地の観光車

観光車はこんな感じです。

運転手さんにチケットを見せて乗ります。人が集まって、ある程度満員になったら出発です。

旅順203高地の中腹の駐車場

観光車で上にあがるとこの駐車場が終点です。

途中に停留所はありません。

入り口の駐車場よりもかなり小さめの駐車場です。

園内の中の駐車場なので、一般の車は入れないと思います。

旅順203高地の標識

この案内板がありますので、これに従って、これより上は徒歩となります。

「尔灵山塔」などの名所はすべて左の山道を登っていく必要があります。

あとどれくらい距離があるのか書かれていないのが残念ですね。

旅順203高地の山道

山道はこんな感じです。舗装はされています。

勾配もそれなりにありました。

ここまで来たので登らないわけには行かないのですが、どれくらい時間がかかるのか、あるいはどこれくらい距離があるのかまったくわからないので、ちょっと不安でした。

下りてくる人に「あとどれくらいですか?」って聞いてみたら、「あと半分くらいだよ」って教えてもらえたので、少しほっとしました。

旅順203高地の頂上付近

この場所まで来たら、ほぼ到着で、あともう少しです。

観光車の降り場から15分くらいかかったと思いますが、距離はさほど長くありません。

旅順203高地山頂の案内板

山頂付近の案内板です。

右に行けば「尔灵山塔」、左に行けば「重砲観測所」です。

またこの地は乃木希典の次男の乃木保典が戦死した場所でもあります。

203高地の重砲観測所

旅順203高地の重砲観測所の石碑

重砲観測所の石碑がありました。

中国語、英語、ロシア語、日本語、韓国語で書かれています。

旅順203高地の重砲観測所の解説

重砲観測所の解説もありました。

中国語・英語・日本語で書かれています。

旅順203高地の日本式280ミリ砲

日本式の280ミリ榴弾砲の石碑です。

旅順203高地の日本の大砲

日露戦争時に日本が使った大砲です。

大砲の重さは10.753t、砲弾の重さも217kgあるとのことです。

旅順203高地の日本の大砲の後部

大砲を後ろから見た写真です。

この203高地から旅順港の方角に向いて、大砲は設置されています。

旅順203高地の日本式の大砲2

大砲の前からの写真です。

旅順203高地から見た旅順港

大砲の前から見た旅順港です。

直線距離で旅順港まで約4㎞ですが、射程が7800mもあったので旅順港まで届くようです。

旅順203高地からの旅順港の拡大写真

旅順港部分の拡大写真です。

確かに旅順の街と旅順港が一望できます。

203高地から南東の方向に当時の旅順港がありますが、旅順港は天然の良港で冬でも凍らない不凍港なため、ロシアもここを拠点にしていました。

また地理的にも老虎尾の狭い部分を通らないと港の中に入ってこれないという地形になっており、日露戦争時にこの旅順港の争奪戦が日本とロシアの間で繰り広げられました。

旅順203高地

この日も暑い日でしたので、重砲観測所のところにアイスクリームを売りに来ていました。

203高地の頂上にある尔灵山塔

旅順203高地の尔塔灵山の標識

「尔灵山塔」の標識です。

203を中国語読みすると er ling sanですが、その音とよく似た漢字をあてて、尔灵山 er ling shanと名付けられたと聞きました。

旅順203高地の尔灵山塔への登り道

頂上まであとわずかです。

この道を登れば尔灵山塔に到着です。

遠くの方に塔が見えています。

旅順203高地の石碑

大連人民政府の二0三高地の石碑です。

旅順203高地の旅順口日ロ戦争遺跡

こちらは遼寧省の石碑です。

旅順口の日露戦争遺跡と書かれています。

旅順203高地の尔灵山塔の石碑

尔灵山塔の石碑です。

旅順203高地の尔灵山塔

203高地の頂上に建てられている尔灵山塔です。

旅順203高地の尔灵山塔

乃木希典が戦争で命を落とした兵士たちのために砲弾の残りなどで高さ10.3mの塔を建てて、慰霊をしたと言われています。

日本語的には爾霊山(にれいさん)で「お前の霊の山」という意味になります。

ロシア式150mmの大砲もありました

旅順203高地のロシア式の大砲

ロシアの大砲も置かれていました。

こちらはその解説です。

旅順203高地のロシア式の大砲

日本のものと比べると、かなり口径が小さく感じました。

確かに280mmと150mmでは倍近く変わりますね。

 

一度行ってみたかった旅順の203高地、いろいろ感じるところがありました。

ぜひ大連を訪れて時間がある方は203高地まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

旅順 203高地の観光情報

  • 住所:遼寧省 大連市 旅順口区
  • 入場料:不要(ただし、観光車は片道10元が必要なので、往復で20元は必要)
  • 観光時間目安:1時間半程度

旅順 203高地の交通アクセス・行き方・地図

  • タクシー・・・地下鉄12号線 旅顺(旅順)駅からタクシーで15分程度

ワンポイントアドバイス

  • 映画「二百三高地」とかドラマ「坂の上の雲」を見たり、司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」を読んでから行くと感じ方がかなり違うと思います。
  • 旅順の観光地は広範囲に散らばっているので、大連からのツアーを利用するのも良い(ツアーは現地中国人向けと日本人向けがあるので間違わないようにしてください)
  • 自力で行く人は事前によく調べて、うまくタクシーを利用した方がよいと思います(地図ソフトで正しく場所や行き方が出ない場合があります)

大連での地下鉄や路面電車の乗り方などはこちらへ

大連の有名餃子店の「大清花餃子」はこちらへ

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものだけをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
大連観光
\気に入ったらシェアをお願いします/
\しゅうしゅうをフォローお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

スカイスキャナー

海外航空券の検索比較サイトです。
いろんなサイトの価格比較をするのは大変なので私はこのサイトで一番安い価格をよく探します。

◎LCCも含めて一気に航空券の比較が可能
◎ホームページが使いやすい(検索条件など)
○「最適」「最安」「最短」のプラン提示
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
○大阪ー中国のような探し方もできる
(大阪から中国のどの都市が最低いくらかなど)

Trivago

国内・海外ホテルの検索比較サイトです。
いろんなサイトのホテル価格を一気に比較し、予約ができます。

◎CMでもおなじみで安心
◎一気にホテル価格の比較が可能
◎ホームページが使いやすい
○地図と連動し、ホテルの位置がわかる
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
〇各サイト比較でこれまで安いと思っていたサイトが高い場合もあることがわかる

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ