昆明 雲南民族村(傣寨)

雲南民族村の傣族の寺院昆明
この記事は約4分で読めます。

雲南民族村の第三弾記事は傣族(泰族)の村です。

傣族(タイ族)はタイの国が主体ですが、ミャンマー、中国、インド、ベトナム、カンボジアなどタイの周囲の国々にも住んでいます。

中国国内の傣族は約126万人です。

傣族(タイ族)の言語(タイ語)および民族独自の文字(タイ語の文字は見たらすぐにタイ語とわかりますよね)を持っています。

仏教を信仰する人が多く、孔雀や象を縁起物とし、水を好み、清潔好きでシャワーを好み、女性は髪の毛を洗うことを好みます。

スポンサーリンク

傣寨(タイ族の村)

雲南民族村のタイ族の村の入り口

傣寨(タイ族の村)の入り口です。小さくタイ語が書かれています。

雲南民族村のタイ族村の象

傣族(タイ族)と言えば、やっぱり象ですね。

タイ族には象は縁起の良い動物として大事にされています。

傣族(タイ族)の住居は高床式

雲南民族村のタイ族の住居

傣族(タイ族)の住居です。

雲南民族村のタイ族の住居の下

傣族(タイ族)の高床式住居の下(一階部分)はこんな感じでした。

物置的に大きな道具とかが置かれています。

日本でも一階が駐車場と倉庫になっていて、二階三階が居室という家がけっこうありますが、それと似ているように思います。

雲南民族村のタイ族の暮らし

傣族(タイ族)の生活はこんな感じのようです。

雲南民族村のタイ族の居室

部屋の中はこんな感じです。

風通しよく涼しそうな感じがします。

雲南民族村のタイ族の新婚さんの寝室

傣族(タイ族)の新婚さんの寝室です。

蚊帳は赤色のようです。

雲南民族村のタイ族の老人の寝室

傣族(タイ族)の老人の寝室は黒い蚊帳のようです。

雲南民族村のタイ族の織物

この写真は傣族(タイ族)の女性が織物を作っているところです。

雲南民族村のタイ族の部屋の様子

傣族(タイ族)の調理道具系でしょうか。

雲南民族村のタイ族の太鼓

傣族(タイ族)の太鼓です。

傣族(タイ族)の寺院・船・民族衣装など

雲南民族村の仏壇

寺院の中の小さな神棚みたいな感じです。

雲南民族村のタイ族の線香立て

傣族(タイ族)の寺院の前の線香立てです。

雲南民族村のタイ族の衣装

傣族(タイ)の民族衣装です。

雲南民族村のタイ族の船

傣族(タイ族)の船です。

雲南民族村のタイ族の寺院

タイの寺院のミニチュア版です。

確かに中国というよりタイっぽいですね。

雲南民族村のタイ族の寺院のアップ

アップの写真です。

 

スポンサーリンク

佤族、水族、布朗族、蒙古族の村

昆明 雲南民族村の観光情報

  • 住所:昆明市西山区西南郊滇池之畔, 滇池国家旅游度假区内
  • 景区級別:AAAA
  • 入場料(チケットの値段):90元
  • 営業時間(開園時間):8:30~17:00、18:00~22:00
  • 観光時間目安:3~4時間程度(ロープウエイから西山に移動して滇池・西山を観光するのと合わせて1日コースで予定を組むのが良いと思います。

昆明 雲南民族村の交通アクセス・バスでの行き方・地図

公共交通機関で行くならバスになります。

昆明市中心部からタクシーで行っても日本と比較すればそれほど高くは感じないと思います。

  • バス(云南民族村)・・・24路、44路、73路、94路、135路、165路、184路、233路、a1路、a9路

ワンポイントアドバイス

  • 中国のテーマパークなので、日本のものとはスケールが違います。村内はかなり広いです。移動に時間がかかるので、見るところに優先順位をつけてまわった方がよいと思います。
  • 移動手段としてバスは安いです。でも昆明市内からタクシーで行っても日本人からすれば全然安いので、人数がいる場合はタクシーも手だと思います。
  • 雲南民族村と西山の間はロープウェイがあり、さらに西山にはリフトがあります。西山からの滇池の景色は最高です。

雲南民族村の観光情報はこちら

昆明の観光情報はこちら

麗江・シャングリラの観光情報はこちら