昆明 石林風景区

石林風景区昆明

雲南省の有名観光地と言えば、最初にあげられるくらい「石林」は有名だと思います。

昆明の郊外にありますので、昆明に行ったときにはぜひ観光されるのをおすすめします。

スポンサーリンク

石林風景区の入り口

石林の入り口

石林風景区の入り口です。

良い天気にも恵まれ、絶好の観光日和でした。

石林にきれいに咲く花々

雲南省は緑が豊富で、ここ石林もいろんな花が咲いていて、きれいでした。

雲南石林国家地質公園の石碑

雲南石林国家地質公園の石碑

中国の雲南石林国家地質公園という石碑も建てられていました。

石林は世界遺産(世界自然遺産)

遠くから見える石林の世界遺産の記載

遠くの方に世界遺産と書かれているのが見えます。

石林入り口部分の石林

入り口付近を見ても、想像していた石林の雰囲気が出てきています。

石林の世界遺産の表記

先ほどの世界遺産(世界自然遺産)の文字がはっきり見えます。

石林の世界遺産登録

世界遺産の表示もきちんとありました(中国語と英語だけですが)

石林風景区の全体の観光マップ

石林園内図(園内マップ)

園内マップがありました。

やっぱり中国、なんか広そうな雰囲気がただよっています。

「大石林」「小石林」などいくつかの見どころがあります。

石林風景区の中心部

石林の中心部なので人が集まっている

しばらく歩くと、人が多く集まっているところに出てきました。

遠くに赤字で「石林」と書かれているのが見えます。

石林の中心部

人気観光スポットなので、観光客がたくさんいました。

石林ですが、カルスト地形のイメージはありましたが私の想像をはるかに上回りました。

さすが中国大陸、スケールが大きく、ものすごく大きな石の柱でした。

石林の中央

あたり一帯が同じような石の柱になっていて、確かに石の林と言われれば、そんな感じがします。

よく見たら横に亀裂も入っているので、上にある岩が落ちてこないのか心配な感じです。

石林と赤字で彫られた石林

石にもよりますが、よく見てみると赤字や緑字でいろいろな文字が彫られています。

石林と赤字で彫られた石林

こちらは縦の写真です。

石林の上の方に登れます

石林上部から下を眺める

赤い字の「石林」と書かれている付近は石林に登る道がついていて、上に登ることができます。

石林の頂上から下を見る

石林の上から下の方を見た写真です。

思ったより石林の先端がとんがっているのがわかります。

石林の上部

上に登れば、下から見るのとまた違う風景が見れます。

石林上部から遠くを見る17

遠くの方まで石林が続いています。

石林上部から遠くを眺める18

こちらはさっきとは違う方角です。

 

石林の石のアップ

石林の石のアップ

石のアップ写真を撮ってみました。

これは石の内側の部分です。

人が触る部分もあるのか、ぴかぴかしたところもあります。

石林の石のアップ2

こちらのアップは外に出ている部分です。

表面はけっこうするどい感じです。

スポンサーリンク

石林風景区内の周遊バス

石林の周遊バス乗り場

中国の観光地によくある観光地内の移動用の電動自動車がここ石林にもあります。

たいていのケースは入場料と別料金になっていますが、中国の観光スポットは日本とはスケールが違うので、私は利用するのをおすすめします。

チケットに含まれているかどうかよく見て、別に支払えばいける場合もありますので、有効に活用した方がよいと思います。

石林の園内周遊バス

石林内はこんな電動自動車でまわりの景色もよく見えました。

変わった石の形(奇岩)

石林の岩に書かれたさまざまな文字

赤や緑で石林にいろんな文字が書かれています。石林の奇岩(フタコブラクダ)

フタコブラクダに見えなくもないですね 😛

石林の奇岩(フクロウ)

こちらは猫かふくろうみたいな感じです。

石林の変わった石28

石林の上部の方が大きくて、下の方が小さい微妙なバランスの石もありました。

石林の変わった石29

不安定な積み木のようにも見えますよね。

今にも落ちそうな気がしないでもないですね。

石林というネーミングに納得

石林という名前の通り、石の林になっている

どこまで続くかわからないほど、石の柱が続いているように見えます。

遠くまで続く石林の様子

この風景を見て「石林」と名付けたのも納得できました。

観光客向けの雲南省のお土産

石林の観光客向けのお土産物

石林の中でもいろいろと露天でお土産ものなどを売っていました。

確かに日差しなどもきついのでつばのついた帽子なんかも重宝するかもしれませんね。

石林で売っていたお土産もの1

雲南省は少数民族も多く住んでいるため、雲南省の民族色が出た小物類が私のおすすめですね。

色彩豊かでいろんな色や形があります。

石林で売っていたお土産もの2

中国のお土産でも、機械ものなどは故障がこわいので私はあまり買いませんが、こういうものは使えなくなるということがないし、スーツケースに入れても軽いので良いですよね。

石林で売っていた野菜と果物

野菜やフルーツなども売っていました。

スポンサーリンク

 

石林風景区の観光情報(営業時間、入場料)

  • 住所:云南省昆明市石林彝族自治县石林中路
  • 景区級別:AAAAA
  • 営業時間(開園時間):7:30~18:30
  • 入場料:175元
  • 観光時間目安:2~3時間(昆明から石林までのバスの移動時間は含まず)

石林風景区の交通アクセス・直通バスでの行き方・地図

  • 石林風景区は郊外にあるため、路線バスではなく、中長距離のバスに乗る必要があるため、中長距離バスのバスターミナル(昆明東部客運站にまず行きます。
  • 昆明東部客運站から石林行きの直行バスになります(始発8:00、最終18:30)バスチケットの価格は29元(2019年5月現在)
昆明東部客運站までの交通アクセス、行き方
地下鉄・・・东部汽车站(3号線、6号線)
バス(东部公交枢纽站)・・・22路、29路、60路、237路、902路、906路、c137路、k17路、k18路、k39路、k9路、z110路

昆明東部客運站の地図

石林風景区の地図

ワンポイントアドバイス

  • 往復の移動時間も必要になり、石林風景区の中も広いので、ほぼ1日かかります。構内は広いので、電動自動車の価格も込みのチケットの方が良いと思います。
  • 石林風景区行きのバスは昆明駅付近など他の場所からも出ているかもしれませんのでそちらの方が都合が良い場合は調べてみてください。(現地の旅行ガイドブックでは昆明東部客運站が案内されていました)

昆明の観光情報はこちら

昆明 滇池
雲南省昆明の滇池(てんち)の観光情報とバスでの行き方を紹介します。滇池は雲南省最大の湖で中国で6番目に大きい淡水湖です。周囲に雲南民族村や雲南民族博物館、西山、龍門などがあり、有名な観光名所です。雲南民族村と西山の間はロープウェイがあり、西山にはリフトがあります。西山からの滇池の景色は最高です。
昆明 雲南民族村
雲南省昆明の雲南民族村の観光情報とバスでの行き方を紹介します。雲南省の少数民族の生活・住居・文化などを紹介するテーマパークです。プーアル茶など雲南省のお土産物も販売しています。周囲に滇池、西山、龍門など有名な観光名所がたくさんあります。
昆明 雲南民族村(白族)
雲南省昆明の雲南民族村の白族村(ペー族の村)の紹介です。白族(ペー族)と言えば、かつては大理国を作っていたチベット系の民族で、現在は雲南省大理のペー族自治州を中心に住んでいます。民族名の由来は、未婚の女性が頭に巻き付ける白い羽根飾りから来ていると言われています。
昆明 雲南民族村(傣寨)
雲南省昆明の雲南民族村の傣族(タイ族)の村の紹介です。傣族(タイ族)はタイの国が主体ですが、ミャンマー、中国、インド、ベトナム、カンボジアなどタイの周囲の国々にも住んでいます。中国国内の傣族は約126万人です。仏教を信仰する人が多く、孔雀や象を縁起物としています。
昆明 雲南民族村(佤族、水族、布朗族、蒙古族)
雲南省昆明の雲南民族村の佤族、水族、布朗族、蒙古族の村の紹介です。佤族(ワ族)は雲南省に住む少数民族です。布朗族(プーラン族)は雲南省に住んでおり、人口は約11万人とかなり少ない民族です。トウモロコシや大豆などを主食とし、米や肉・魚・昆虫なども食べるようです。

麗江・シャングリラの観光情報はこちら

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
昆明観光
\気に入ったらシェアをお願いします/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

Sakura Mobile 海外WIFI

Sakura Mobile 海外WIFIは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーターで通信料制限がない
〇上海・北京は中国の空港受け取りができる(出発前にバタバタしない)
〇上海・北京なら最悪日本を出国してからでもネットで当日予約可能
△成田・上海・北京以外は受け取りが宅配送料がかかる

Scramble China

海外用Wi-Fi通信レンタル「イモトのWiFi」の格安新サービスです。
Scramble Chinaも中国国内での規制により利用できないGoogle関係アプリやSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーター
〇中国の主要都市をカバー
△受け取りが宅配送料がかかり、出国日の前日到着
△500MB/日や1GB/日など通信料の制限がある

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ