西安 鐘楼・鼓楼 ~古都長安の中心~

鐘楼の近景その2西安
スポンサーリンク

西安 鐘楼・鼓楼(钟楼,鼓楼)

西安の街の中心にある「鐘楼・鼓楼」をご紹介します。

奈良の都(平城京)も京都の都(平安京)も当時の中国の碁盤の目の街に習い、作られたとよく聞きますが、西安に行くと、「なるほど!こういう街の設計はやっぱり中国から来ていたんだ」と思うことがよくあります。

西安はいろんな意味で歴史の多い街ですよね。

古都西安はみなさんご存知の通り、昔は「長安」と呼ばれていました。

紀元前11世紀から紀元後10世紀まで約2,000年もの間、都が置かれていた場所です。

王朝としても秦、漢、隋、唐など、「秦の始皇帝」「遣隋使」「遣唐使」など日本でもおなじみの歴史の場所なのです。

阿倍仲麻呂も日本からはるかこの西安(長安)までやってきていたというわけです。

日本から中国に海を渡り、かなり内陸のこの西安(長安)まで移動してくるのですから、すごいですね。

西安は歴史の古いものが昔のまま残っていることが多く、中国の多くの都市の中でも観光地として見どころの多い都市だと思いますので、私も観光地として自信をもっておすすめできる場所です。

西安市内にはここ鐘楼と鼓楼、明代城壁、大雁塔、陝西省歴史博物館などがあり、さらに西安郊外には秦始皇兵馬俑博物館や秦の始皇帝陵、楊貴妃が温泉浴をしたと言われている華清池などもあります。

西安の中心 鐘楼

鐘楼の近景その2

鐘で時間の告知をするための鐘楼です。

鐘楼は今も昔も西安の街の中心にあります。

鐘楼の高さは36mです。

鐘楼は明の時代の1384年に創建され、当初は今とは別の場所にあったようですが、1582年に現在の場所に移されたとのことです。

鐘楼の入り口

上の階に登れそうだったので、実際に鐘楼の上にあがってみました。

鐘楼の鐘

上にあがると「鐘楼」という名前の通り、実際に鐘もありました。

元々中国から伝わったので当たり前ですが、日本のお寺の鐘のイメージと同じでした。

鐘楼の上からの東西南北の景色

この鐘楼は碁盤の目になっている西安の街で東西南北の4つの大街が交わる場所に立っています。

鐘楼南側の景色です。

鐘楼の南側

鐘楼から東西南北それぞれの道が見渡せます。

鐘楼南側には遠くに南門が見えます。

 

鐘楼西側の景色です

鐘楼の西側

鐘楼西側を見ていると「西遊記」ではありませんが、西安を出発して、西の門から西界に旅に出た人がいたんだろうなあと思える景色です。

西安の街の中心にあるこの鐘楼から東西南北をぜひ見渡してください。

 

鐘楼北側です。

鐘楼の北側

最後に鐘楼東側です。鐘楼の東側

スポンサーリンク

鐘楼のすぐ隣にある鼓楼

西安の鼓楼

鐘楼のすぐ西側には鼓楼も見えます。

鼓楼は、本当にに鼓がたくさん並んでいるのが見えました。

鼓楼は建物としても結構大きく、現存する中国の鼓楼の中で西安の鼓楼が最大のものだそうです。

入場券ですが、鐘楼だけのチケットもありますし、鐘楼と鼓楼の共通券もありましたので、用途に応じて必要なチケットを買えばよいと思います。

鐘楼から見た鼓楼

鐘鼓楼広場

鐘鼓楼広場

鐘楼と鼓楼の間は「鐘鼓楼広場になっていて、飲食店なども多くあり、便利なスポットになっています。

非常ににぎやかな場所です。

観光が終わって、食事もこのあたりで取れるので、とても便利だと思います。

鐘鼓楼広場の通り

西安 鐘楼・鼓楼の観光情報

  • 住所:陕西省西安市碑林区东大街和西大街交汇处
  • 入場料:35元 鐘楼・鼓楼の共通券は50元
  • 時間:4/1~10/31 8:00~22:00  11/1~3/31 8:00~17:30
  • 観光時間目安:1時間

西安 鐘楼・鼓楼への交通アクセス・行き方・地図

  • 地下鉄2号線 钟楼(鐘楼)
  • バス 钟楼(北)・・・4路、12路、12路区間、16路、26路、36路、37路、229路、235路、600路、606路、618路、游7路、游8/610路
  • バス 钟楼(西)・・・7路、15路、32路、43路、45路、201路、205路、215路、218路、221路、222路、251路、252路、286路、300路、604路、611路、612路、618路、622路、游8/610路
  • バス 钟楼(南)・・・6路、11路、16路、26路、29路、35路、36路、46路、203路、208路、603路、605路、608路、609路、616路
  • バス 钟楼(東)・・・8路、46路、47路

西安 鐘楼・鼓楼のワンポイントアドバイス

  • このあたりはいかにも中国という雰囲気の写真が撮れますし、鐘楼はお昼も夜もかなり写真映えすると思います。特に夜は鐘楼がライトアップされて、とてもきれいですよ。
  • 鐘楼で鐘を鳴らすのは有料だったと思います。
  • 鼓楼も見学されるのであれば、共通券がお得です。
  • 鐘楼・鼓楼の周囲には食事をする場所もたくさんあります。

西安 鐘楼・鼓楼の夜景はこちら

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
西安観光
\気に入ったらシェアをお願いします/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

スカイスキャナー

海外航空券の検索比較サイトです。
いろんなサイトの価格比較をするのは大変なので私はこのサイトで一番安い価格をよく探します。

◎LCCも含めて一気に航空券の比較が可能
◎ホームページが使いやすい(検索条件など)
○「最適」「最安」「最短」のプラン提示
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
○大阪ー中国のような探し方もできる
(大阪から中国のどの都市が最低いくらかなど)

Scramble China

海外用Wi-Fi通信レンタル「イモトのWiFi」の格安新サービスです。
Scramble Chinaは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーター
〇中国の主要都市をカバー
△受け取りが宅配送料がかかり、出国日の前日到着

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ