北京 天安門広場 観光情報と行き方

天安門広場北京
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

天安門広場 / 天安門广场 / Tiananen Square

「天安門広場」は北京を代表するというレベルではなく、中国を代表する観光スポットですよね。

「中国で観光と言えば?」から連想する観光地として、最も多そうなのは「天安門広場」か「万里の長城」ではないでしょうか。

万里の長城(八達嶺長城)~中国で一番おすすめする観光地~
北京の北西部にある世界遺産の万里の長城(八達嶺長城)の観光情報(入場料・開園時間)、交通アクセス・行き方・地図などをご紹介します。北京に行って万里の長城を見ないなんて後悔すると思います。北京に慣れていないと行き方が少しわかりにくいので、電車やバスでの行き方も解説しています。

北京に行ったのなら必見の観光場所だと思います。

テレビでおなじみの風景がそのまま見れます

また天安門広場のスケールの大きさにきっと驚かれる人も多いと思います。

天安門広場は世界最大の広場と言われています。

こんなに広い広場を見たことがないと思います。

天安門広場の面積は44万㎢で、50万人を収容できる集会場にもなりうる広場です。

中国では万里の長城といい、この天安門広場といい、日本とはスケールが違うことをよく感じることが多くあります。

テレビでおなじみの「天安門」、写真撮影OK(絶好の観光写真スポット)

天安門広場

天安門広場の北側にあり、この天安門を入れば故宮につながります。

北京に都があった明や清の時代の正門にあたり、当時の王宮「紫禁城(現在は故宮博物院)」の第一門の位置づけです。

1949年10月1日には毛沢東主席が中華人民共和国建国の宣言をこの天安門で実施したそうです。

天安門広場は国家の重要な行事や儀式は数多く実施されてきた場所です。

天安門の大きさは間口 約54m、奥行き 約27m、高さ 約37m です。

ニュースでよく出てくる天安門

写真は普通に撮ってOKです。

「中国に行きました!」「北京に行きました!」という良い記念写真が撮れると思います。

天安門広場斜めからの景色

天安門の毛沢東主席の肖像画

天安門広場の毛沢東主席の肖像画

天安門の中央には毛沢東主席の肖像画が掲げられています。

テレビでよく見る風景です。

写真ではなく肖像画です。

天安門広場の毛沢東主席の肖像画拡大

近くから見るとかなりの大きさであることがわかります。

縦は約6mもあるらしいです。

 天安門広場の毛沢東主席の肖像画の斜め画像

毛沢東主席の肖像画の左側には「中华人民共和国万岁(中華人民共和国万歳)」、右側には「世界人民大团结万岁(世界人民大団結万歳)」と書かれています。

天安門城楼に登り、天安門広場全体を見渡す

天安門楼閣に登ったところ

最初に行ったときには私も気づかなかったし、意外と知られていないのですが、

天安門の楼閣は有料ですが、登ることができるのです!

天安門楼閣の入場料はそんなに高くないのでぜひ登って観光してください。

 天安門楼閣からの見る天安門広場

私は何度か実際に天安門の城楼に登ってみたことがあるのですが、

思わず「おおお・・・」と言ってしまうような景色が見れます。
天安門広場全体が見渡せるのです。

天安門城上から天安門広場を見た景色(近景)

歴代の有名人たちもここから天安門広場を同じように見たのかと思うと天安門城楼に本当に登って良かったと思いました。

天安門城楼に登る入り口は天安門を通りぬけて左側に入り口があります。

ここでチケットを購入してください。

天安門城楼には荷物の持ち込みができないので、荷物を預けてからボディーチェックを受けてから登ります。

天安門城上から天安門広場を見た景色

天安門の前の幅の広い道路「長安街」

長安街

天安門と天安門広場の間に大きな東西の道路があります。

名前は「長安街」、天安門を境にして、東側を東長安街、西を西長安街と呼んでいます。

人民大会堂・人民英雄紀念碑・毛主席紀念堂・中国国家博物館

人民大会堂

天安門広場の西側、天安門楼閣から天安門を見て右側に「人民大会堂」があります。

ニュースでよく出てくる「全国人民代表大会(日本では「全人代」とよく言われています)」が行われる場所です。

外国からの使節団や賓客の迎賓にも使われています。

人民英雄紀念碑と毛主席紀念堂

天安門広場の中央に「人民英雄記念碑」があります。

毛主席紀念堂

天安門広場の南側には「毛主席紀念堂」があります。

中国国家博物館

天安門広場の南側には「中国国家博物館」があります。

天安門広場の中国国旗

また天安門広場の北の端に国旗掲揚台があり、中国国旗がいつも掲げられています。

警備の人もずっといます。

全人代やパレードなどで通行規制・通行禁止があり、パスポートがないと入れないこともあるらしい

私は遭遇したことがないのですが、国家的な行事の場合、天安門広場周辺に通行規制や通行禁止が設定されることもごくまれにあるらしいです。

その場合は外国人はパスポートを見せないと入れてくれないということもあるので気を付けてくださいね。

天安門広場の観光情報(入場料・営業時間)

  • 住所:北京市東城区東長安街
  • 天安門広場は入場は無料、天安門城郭に登るには入場料 15元
  • 時間:天安門広場はいつでも行けますが、天安門城郭への入場は 8:30~17:00
  • 観光時間目安:1時間

天安門広場の交通アクセス(地下鉄・バス最寄駅)・行き方・地図

  • 地下鉄1号線 天安門東駅(390m) 、天安門西駅も可能(533m)
  • バス 天安門東・・・1路、2路、52路、82路、120路、観光2線、旅游公交1線、旅游公交2線、夜1路
  • バス 天安門西・・・1路、5路、52路、観光1線、観光2線、旅游公交1線、旅游公交2線、夜1路

天安門広場の観光ワンポイントアドバイス

  • 天安門広場は街のど真ん中にあって、交通も便利で行き方も簡単です。地下鉄1号線で天安門東(最寄駅)で下車です。
  • 天安門城楼に登るときは、荷物を預けないといけませんが、カメラは持ち込んでもOKです。建物内の写真はNGですが、天安門城楼の上からの写真は撮ってもOKでした。
  • 夜の天安門広場はライトアップされて、とてもきれいですよ。機会があればお昼だけではなく夜も観光に行ってみてください。
  • ものすごくまれなケースですが、国家級の行事などの場合、検問をしているときがあり、外国人はパスポートを見せるように要求されることがあります。

万里の長城や頤和園など北京の人気観光スポットはこちら

北京観光おすすめランキング(2020年版)
中国の首都北京、観光地としても多くの世界遺産もあり魅力的でおすすめします。私は100回以上北京に行ったことがあるので北京の観光スポットのおすすめランキング(ベスト10)を作成しました。個人や旅行会社で2泊3日や3泊4日で観光ツアーに行かれる方の参考になればうれしいです。
万里の長城(八達嶺長城)~中国で一番おすすめする観光地~
北京の北西部にある世界遺産の万里の長城(八達嶺長城)の観光情報(入場料・開園時間)、交通アクセス・行き方・地図などをご紹介します。北京に行って万里の長城を見ないなんて後悔すると思います。北京に慣れていないと行き方が少しわかりにくいので、電車やバスでの行き方も解説しています。
北京 頤和園 ~中国最大規模の皇室庭園~
北京の「頤和園」の見どころや開園時間などの観光情報、交通アクセス・地下鉄やバスでの行き方(最寄駅)・地図を紹介しています。清朝の西太后の離宮である頤和園、山あり、湖ありと気持ちが落ち着く大庭園です。頤和園は世界遺産にも登録されており、おすすめの人気観光スポットです。英語名はSummer Palaceです。
王府井小吃街 ~中国の屋台大集合~
北京の繁華街の王府井にある「王府井小吃街」という中国の屋台が大集合した観光名所の観光情報、交通アクセス(地下鉄最寄駅)・行き方・地図などをご紹介します。地下鉄の王府井駅から歩行者天国に入ってすぐで行きやすいです。最近リニューアルされて、パワーアップしています。見るだけでも楽しめる北京でおすすめの人気観光スポットです。

北京ダックや火鍋など北京の名物料理はこちら

北京ダックの老舗 全聚德
北京ダックと言えば全聚德というくらい有名な北京ダックの老舗が全聚德です。王府井、前門、和平門など北京のあちこちに支店があります。また北京以外に上海・青島・無錫などに、日本では東京(銀座、新宿、六本木)に支店があります。
北京ダックの老舗 便宜坊
北京で有名な北京ダックのお店の「便宜坊」をご紹介します。この「便宜坊」は創業が明の時代の永楽十四年(西暦では1416年)ですでに創業600年以上になる老舗中の老舗です。便宜坊の北京ダックの料理やお店の場所・アクセス・地図・最寄駅などを解説します。
東来順飯庄 ~有名な老舗火鍋店~
「東来順飯庄」は北京を中心に全中国展開している有名老舗火鍋店です。素材の味を引き立てる「清湯」なスープで肉や野菜の素材本来の味ですごくおいしいです。日本のしゃぶしゃぶにかなり近い感じです。火鍋なので自分の好きな具材が好きなだけオーダーして満腹なんだけど料金はリーズナブルなので、日本人には火鍋は超おすすめです。
観光ガイドブックが必要な方への情報
お好きなガイドブックで良いので1冊あれば旅行が絶対に充実します。
送料無料のショップがお得。
・私は本を持ち歩くのも大変なので電子ブックを購入しています。