北京 天安門広場 観光情報と行き方(広場は料金不要・写真撮影もOK)

天安門広場北京
スポンサーリンク

天安門広場 / 中国語:天安門广场 / 英語:Tiananen Square

「天安門広場」は、北京を代表するというレベルではなく、中国を代表する観光スポットと言えますよね。

「中国で観光と言えば?」から連想する観光地として、最も多そうなのは「天安門広場」か「万里の長城」ではないでしょうか。

北京に行ったのなら必見の観光場所だと思います。

テレビでおなじみの風景がそのまま見れます

また天安門広場のスケールの大きさにきっと驚かれる人も多いと思います。

天安門広場は世界最大の広場と言われています。

こんなに広い広場を見たことがないと思います。

天安門広場の面積は40万㎢で、50万人を収容できる集会場にもなりうる広場です。

中国では万里の長城といい、この天安門広場といい、日本とはスケールが違うことをよく感じることが多くあります。

テレビでおなじみの「天安門」、写真撮影OK(絶好の観光写真スポット)

天安門広場

天安門広場の北側にあり、この天安門を入れば故宮につながります。

北京に都があった明や清の時代の正門にあたり、当時の王宮「紫禁城(現在は故宮博物院)」の第一門の位置づけです。

1949年10月1日には毛沢東主席が中華人民共和国建国の宣言をこの天安門で実施したそうです。

天安門広場は国家の重要な行事や儀式は数多く実施されてきた場所です。

天安門の大きさは間口 約54m、奥行き 約27m、高さ 約37m です。

ニュースでよく出てくる天安門

写真は普通に撮ってOKです。

「中国に行きました!」「北京に行きました!」という良い記念写真が撮れると思います。

天安門広場斜めからの景色

天安門の毛沢東主席の肖像画

天安門広場の毛沢東主席の肖像画

天安門の中央には毛沢東主席の肖像画が掲げられています。

テレビでよく見る風景です。

写真ではなく肖像画です。

天安門広場の毛沢東主席の肖像画拡大

近くから見るとかなりの大きさであることがわかります。

縦は約6mもあるらしいです。

 天安門広場の毛沢東主席の肖像画の斜め画像

毛沢東主席の肖像画の左側には「中华人民共和国万岁(中華人民共和国万歳)」、右側には「世界人民大团结万岁(世界人民大団結万歳)」と書かれています。

天安門城楼に登り、天安門広場全体を見渡す

天安門楼閣に登ったところ

最初に行ったときには私も気づかなかったし、意外と知られていないのですが、

天安門の楼閣は有料ですが、登ることができるのです!

天安門楼閣の入場料はそんなに高くないのでぜひ登って観光してください。

 天安門楼閣からの見る天安門広場

私は何度か実際に天安門の城楼に登ってみたことがあるのですが、

思わず「おおお・・・」と言ってしまうような景色が見れます。
天安門広場全体が見渡せるのです。

天安門城上から天安門広場を見た景色(近景)

歴代の有名人たちもここから天安門広場を同じように見たのかと思うと天安門城楼に本当に登って良かったと思いました。

天安門城楼に登る入り口は天安門を通りぬけて左側に入り口があります。

ここでチケットを購入してください。

天安門城楼には荷物の持ち込みができないので、荷物を預けてからボディーチェックを受けてから登ります。

天安門城上から天安門広場を見た景色

天安門の前の幅の広い道路「長安街」

長安街

天安門と天安門広場の間に大きな東西の道路があります。

名前は「長安街」、天安門を境にして、東側を東長安街、西を西長安街と呼んでいます。

人民大会堂・人民英雄紀念碑・毛主席紀念堂・中国国家博物館

人民大会堂

天安門広場の西側、天安門楼閣から天安門を見て右側に「人民大会堂」があります。

ニュースでよく出てくる「全国人民代表大会(日本では「全人代」とよく言われています)」が行われる場所です。

外国からの使節団や賓客の迎賓にも使われています。

人民英雄紀念碑と毛主席紀念堂

天安門広場の中央に「人民英雄記念碑」があります。

毛主席紀念堂

天安門広場の南側には「毛主席紀念堂」があります。

中国国家博物館

天安門広場の南側には「中国国家博物館」があります。

天安門広場の中国国旗

また天安門広場の北の端に国旗掲揚台があり、中国国旗がいつも掲げられています。

警備の人もずっといます。

全人代やパレードなどで通行規制・通行禁止があり、パスポートがないと入れないこともあるらしい

私は遭遇したことがないのですが、国家的な行事の場合、天安門広場周辺に通行規制や通行禁止が設定されることもごくまれにあるらしいです。

その場合は外国人はパスポートを見せないと入れてくれないということもあるので気を付けてくださいね。

天安門広場の観光情報(入場料・営業時間)

  • 住所:北京市東城区東長安街
  • 天安門広場は入場は無料、天安門城郭に登るには入場料 15元
  • 時間:天安門広場はいつでも行けますが、天安門城郭への入場は 8:30~17:00
  • 観光時間目安:1時間

天安門広場の交通アクセス(地下鉄・バス最寄駅)・行き方・地図

  • 地下鉄1号線 天安門東駅(390m) 、天安門西駅も可能(533m)
  • バス 天安門東・・・1路、2路、52路、82路、120路、観光2線、旅游公交1線、旅游公交2線、夜1路
  • バス 天安門西・・・1路、5路、52路、観光1線、観光2線、旅游公交1線、旅游公交2線、夜1路

天安門広場の観光ワンポイントアドバイス

  • 天安門広場は街のど真ん中にあって、交通も便利で行き方も簡単です。地下鉄1号線で天安門東(最寄駅)で下車です。
  • 天安門城楼に登るときは、荷物を預けないといけませんが、カメラは持ち込んでもOKです。建物内の写真はNGですが、天安門城楼の上からの写真は撮ってもOKでした。
  • 夜の天安門広場はライトアップされて、とてもきれいですよ。機会があればお昼だけではなく夜も観光に行ってみてください。
  • ものすごくまれなケースですが、国家級の行事などの場合、検問をしているときがあり、外国人はパスポートを見せるように要求されることがあります。

万里の長城や頤和園など北京の人気観光スポットはこちら

北京ダックや火鍋など北京の名物料理はこちら

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
北京観光
スポンサーリンク
\気に入ったらシェアをお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

Sakura Mobile 海外WIFI

Sakura Mobile 海外WIFIは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーターで通信料制限がない
〇上海・北京は中国の空港受け取りができる(出発前にバタバタしない)
〇上海・北京なら最悪日本を出国してからでもネットで当日予約可能
△成田・上海・北京以外は受け取りが宅配送料がかかる

Scramble China

海外用Wi-Fi通信レンタル「イモトのWiFi」の格安新サービスです。
Scramble Chinaも中国国内での規制により利用できないGoogle関係アプリやSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーター
〇中国の主要都市をカバー
△受け取りが宅配送料がかかり、出国日の前日到着
△500MB/日や1GB/日など通信料の制限がある

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ