北京ダックの老舗 便宜坊

北京ダックの便宜坊グルメ
この記事は約5分で読めます。
北京観光情報
北京の地図上の位置、人口・面積・GDP・日本への就航都市などの都市情報や観光スポット、名物料理の紹介、北京の気温・降水量などの北京に関するいろんな情報を集めてみました。

北京ダックは私の大好物なのですが、北京にはたくさんの北京ダック店があります。

今回は北京ダックの老舗中の老舗の「便宜坊」に行ってきましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

便宜坊の歴史

北京ダックの便宜坊

「便宜坊」をなぜ私が「老舗中の老舗」というかと言いますと、

「便宜坊」は創業が明の時代の永楽十四年(西暦では1416年)

だからなのです。

1400年頃と言えば、日本は室町幕府の時代でちょうど日明貿易がされていた頃です。

すでに創業604年ということになります。

超有名な北京ダックのお店「全聚德」でさえ、清の時代の同治三年(西暦では1864年)の創業なので、「便宜坊」はかなりの歴史ということになります。

便宜坊のお店の様子

便宜坊のお店の外観(お昼)

北京ダックの便宜坊の外観

この写真は前門のお店の外観です。

「便宜坊」はbiàn yí fāngと発音するようです。

便宜坊のお店の外観(夜)

北京ダックの便宜坊

夜はすごく中国という雰囲気がありますよね。

色のバランスが良いですね。

便宜坊の店内の様子

北京ダックの便宜坊の店内

店内の様子です。

小人数のテーブルが多く並んでいます。

団体さんが出てきていたので、おそらく階上などには個室や大人数のスペースもあると思います。

便宜坊のメニュー

北京ダックの便宜坊のメニュー1

メニューでも歴史をアピールしていますね。

北京ダックの便宜坊のメニュー2

見るからにおいしそうですね。

北京ダックとタレや一緒に巻くきゅうりなどの具や北京ダックを包む餅皮などがセットになっているメニューがありますので、それを頼めばよいと思います。

北京ダックは何種類かグレードがありますが、そんなに種類が多くはないので、店員さんに特徴などを聞いたり、人気のものを選べばよいと思います。

一羽のセットで250~300元ぐらいです。

高くなったとは言え、まだ一人当たり単価にすると他の料理やドリンクの頼み具合にもよりますが、一人150元程度でおさまると思います。

日本と比べれば安いですね。

たいていのお店は「一羽」か「半羽」というオーダーの仕方ができます。

私は北京ダックは大好きなので「一羽」をオーダーすることが多いです。

他の料理も頼む場合や人数が少ないときなどは「半羽」のオーダーでもよいかもしれません。

参考までに「半只 bàn zhī」と言えば「半羽」の意味になります。

店舗・時期によってメニューや価格は変わりますので、最新のメニューや価格はご自身でよく確認するようにお願いいたします。

便宜坊の北京ダック(北京烤鸭)

北京ダックのカットの様子

北京ダックの便宜坊の北京ダックのカットの様子

北京ダックを注文すると、焼きあがるまで少し時間がかかります。

そのうち、北京ダックが席の近くに運ばれてきて、目の前で切り分けてくれます。

ある意味、ショーを見ているみたいで楽しいです。

北京ダックの皮の部分

北京ダックの便宜坊の皮の部分

最初に皮の部分が運ばれてきます。

一番おいしい部分ですね。

最初の一番おいしい皮の部分1~2枚は皮は使わずにざらめに少しつけてそのまま食べます。

北京ダックの便宜坊の皮の部分アップ

皮の部分の拡大した写真です。

かなり脂っこいので、直接皮を食べるのは1~2枚で十分だと思います。

この皮の部分をきゅうりやねぎなどの野菜と一緒に皮で巻いて食べると最高においしいです。

北京ダックの皮と肉の部分

北京ダックの便宜坊の皮と肉の部分

皮と肉がバランスよく一緒になっている部分も多くあります。

自分の好みで皮の部分とこの皮と肉の部分をうまくブレンドして、皮で巻いて食べればよいです。

北京ダックの便宜坊の皮と肉の部分のアップ

皮と肉の部分のアップです。

肉はチキンよりももう少し歯ごたえのある感じですが、そんなに硬くはありません。

たんぱくな感じなので食べやすい味だと思います。

北京ダックの頭の部分

北京ダックの便宜坊の頭の部分

頭の部分を持ってきてくれます。

目の前でさばいてくれるのも含めて、「一羽まるごと出しています」というエビデンスです。

北京ダックの薬味や皮など

北京ダックの便宜坊のざらめ

皮の部分をつけて食べる「ざらめ」です。

北京ダックの便宜坊のタレと薬味

真ん中が「たれ」です。

たれは比較的甘めなので好みに応じてたっぷりつけても大丈夫です。

右側がきゅうり、左側がねぎの細切りです。

北京ダックの便宜坊の皮

この皮に北京ダックや薬味を巻いて食べます。

かなり薄い皮ですが、割としっかりとしています。

肉を取った後のダックで作ったスープ

北京ダックの便宜坊のスープ

皮と肉をさばいて取った後に、鴨のガラが残ります。

最後に「このガラをどうするか?」と聞かれます。

家に持って帰ることもできますし、その場でそれを使ってスープにしてもらうこともできます。

今回は、そのガラを使ったスープにしてもらいました。

北京ダックの便宜坊のスープ

白菜と豆腐入りの鴨のガラスープですね。

あっさりした味のスープです。

私はいつもコショウをたっぷり入れていただきます。

便宜坊のお店の場所

北京に行って、北京ダックを食べるときには候補の1つにされてはどうかと思います。

代表的な支店をご紹介しておきます。

北京には別の支店もあります。

便宜坊(鮮魚口店)

  • 住所:北京市东城区鲜鱼口街鲜鱼口65-77号
    電話番号:+86 10 6713 2536
    最寄りの地下鉄駅:地下鉄2号線 前門駅

便宜坊(新世界店)

  • 住所:北京市东城区崇文门外大街3-5号新世界百货青春馆3层
    電話番号:+86 10 6708 8680
    最寄りの地下鉄駅:地下鉄5号線・7号線 磁器口駅

北京のおすすめの観光地や料理はこちら

万里の長城(八達嶺長城)~中国で一番おすすめする観光地~
北京の北西部にある世界遺産の万里の長城(八達嶺長城)の観光情報(入場料・開園時間)、交通アクセス・行き方・地図などをご紹介します。北京に行って万里の長城を見ないなんて後悔すると思います。北京に慣れていないと行き方が少しわかりにくいので、電車やバスでの行き方も解説しています。
北京 天安門広場 観光情報と行き方
北京の天安門広場の写真や観光情報、交通アクセス、行き方(地下鉄やバスの最寄駅)、地図を紹介します。天安門広場の周囲には人民大会堂・人民英雄紀念碑・毛主席紀念堂・中国国家博物館などがあります。
北京 前門で老北京を味わう
天安門広場の南端にある「前門(正陽門)」の入場料や開園時間などの観光情報、交通アクセス・行き方・地図などをご紹介いたします。前門大街は老北京の雰囲気を味わえる場所で、歩行者天国になっていて、食事やショッピングも楽しめるスポットになっています。
王府井小吃街 ~中国の屋台大集合~
北京の繁華街の王府井にある「王府井小吃街」という中国の屋台が大集合した観光名所の観光情報、交通アクセス(地下鉄最寄駅)・行き方・地図などをご紹介します。見るだけでも楽しめる北京でおすすめの人気観光スポットです。
北京 頤和園 ~中国最大規模の皇室庭園~
北京の「頤和園」の見どころや開園時間などの観光情報、交通アクセス・地下鉄やバスでの行き方(最寄駅)・地図を紹介しています。清朝の西太后の離宮である頤和園、山あり、湖ありと気持ちが落ち着く大庭園です。頤和園は世界遺産にも登録されており、おすすめの人気観光スポットです。
東来順飯庄 ~有名な老舗火鍋店~
東来順飯庄は北京を中心に中国展開している有名老舗火鍋店です。素材の味を引き立てる清湯なスープで肉や野菜の素材本来の味ですごくおいしいです。日本のしゃぶしゃぶに近いです。好きな具材をオーダーして満腹だけどリーズナブルで超おすすめです。
スポンサーリンク