東来順飯庄 ~有名な老舗火鍋店~

東来順グルメ
スポンサーリンク

東来順飯庄の火鍋 / 东来顺 火锅/ Donglaishun Hotpot

「東来順飯庄」は北京を中心に全中国展開している有名老舗火鍋店です。この写真は北京の王府井に昔からあるお店です。

素材の味を引き立てる「清湯」なスープで肉や野菜の素材本来の味をおいしくいただけます。四川系の味の濃厚な火鍋とは全然違い、日本のしゃぶしゃぶにかなり近い感じで日本人にもすごく合うと思います。火鍋なので自分の好きな具材が好きなだけオーダーして満腹なんだけど料金はリーズナブルなので、私は火鍋大好きです。日本人には火鍋は超おすすめです。

東来順飯庄の伝統的な北方の鍋

東来順の鍋

北方の伝統の鍋を使います。下に燃料が入っています。火加減も特に調節しなくてもよいです。というか自分では調節できません。スープが少なくなってきたら店員さんがお湯を足してくれます。

具材を入れてみたらこんな感じです。

東来順の鍋に具材を入れた様子

調味料はやっぱり芝麻酱(ゴマだれ)

東来順のゴマダレ

基本の調味料はいわゆる「ゴマダレ」が基本です。味は日本のゴマダレとほぼ同じです。黙って出されたら、中国のゴマダレか日本のゴマダレかはわからないと思います。中国語では「芝麻酱zhīmájiàng」と言います。お肉だけでなく、野菜も含めて、なんでもゴマダレにつけて食べます。東来順のネギとパクチーのみじん切り

ネギと香菜xiāngcài(パクチー)のみじん切りをくれますのでお好みでタレに入れます。

東来順のにんにく

にんにくもあります。

東来順飯庄の名物「羊肉串」絶対食べたい一品

東来順の羊肉串

お鍋の前に、私はいつも羊肉串を頼んで食べます。羊肉串は屋台でもよく売っている庶民的な食べ物でもありますが、東来順の羊肉串は大きさも大きく、味も良く、本当においしいです。屋台は食あたりのリスクがあるかもしれません。レストランの方が安心できるので、ぜひ一度食べてみてください。でもあまり食べすぎるとお腹いっぱいになってお鍋が食べられなくなりますので注意してくださいね。

牛肉や羊肉などの肉類も種類が豊富

東来順の羊肉

「東来順」でぜひ食べていただきたいのが「羊肉」です。羊は温熱性で体を温めるといわれており、中国の北部では冬によく羊をよく食べます。タンパク質も豊富で低脂肪と言われています。

羊肉もピンキリで高いものから安いものまでいろいろな種類があります。イメージとして「においが・・・」みたいな人もいるかもしれませんが、火鍋の場合は私は臭いは感じません。

「羊はちょっと・・・」という人には牛肉もたくさんありますので心配は無用です。両方食べられる方はぜひ羊と牛とどちらがおいしいか食べ比べてみたらよいです。

1つ私がとまどった経験をお伝えしたいと思います。それは肉の部位の名前が中国語でよくわからないというものです。私が中国にまだ慣れないときにメニューを見ると「牛眼肉」「上脳」「里脊」とか書かれていて、「ひょっとしたら眼の周りの肉!?中国だから脳ミソとかも食べる!?」なんて思った時期もありました。ちょっと冒険できなくて、名前のわかっている普通の肉を頼んでいました。でも実際これらはすべて肉の部位の名前で眼とも脳とも関係なく、メニューではRib Eyeとか訳されている場合もありますが、〇〇ロースや〇〇ロインと呼ばれるような比較的良いお肉と思っていただいた方が良いです。おいしい肉を頼まずに安い肉を頼んでいたなんて・・・とちょっと後悔をした時期もありました。きちんと値段に比例していますので、値段に応じてお肉が良くなると考えればよいと思います。せっかく中国まで行ったのなら、いろいろと良い肉を頼んだ方がよいと思います。

東来順の牛肉

ちなみにこの牛肉は「牛眼肉」と頼んだら出てきたものです。

野菜類・豆腐類・キノコ類・その他の鍋具材もたくさんあります

野菜類、豆腐類、キノコ類などもあります。野菜の種類も日本以上に豊富にあります。単品で注文もできますし、野菜やキノコの盛り合わせもあります。

東来順のじゃがいも

東来順のホウレンソウ

野菜も全部鍋に入れて食べます。メジャーなものとしては、白菜、レタス、ホウレンソウ、トマト、かぼちゃ、じゃがいも、冬瓜、大根などなど。白菜やホウレンソウまでは理解できると思いますが、じゃがいもやさつまいも、かぼちゃなども鍋に入れます。これが結構おいしく、私は大好きです。レタスやトマトも鍋に入れます。レタスは結構スープの味が染みやすく、普段とまた異なる味わいが楽しめると思います。

東来順の豆腐

豆腐類も普通の豆腐、高野豆腐みたいなもの、湯葉みたいなものなどいろいろありますし、キノコ類も数多くあります。

東来順の麺

最後の締めとして、麺類や鍋餃子などもあります。

台車でのデザート販売もおもしろい(東来順のヨーグルトなど)

デザートを台車に押して、まわってきていましたので、食べてみました。

東来順のデザート

シュークリームくらいの大きさの揚げたお菓子に砂糖みたいな粉を振りかけて食べます。1人前であげたお菓子が4つ入っていました。東来順のヨーグルト

ヨーグルトもあったので食べました。こちらは普通のプレーンヨーグルトに近い味でした。食後なのでさっぱりするのでおすすめです。

交通アクセス・行き方・地図

北京にはかなりあちこちにチェーン店がありますが、代表的な王府井の2店舗をご紹介します。

どちらも王府井の歩行者天国にあり、行きやすいと思います。新東安市場店は高級デパートの5階にあります。新東安市場を目指していけば大丈夫だと思います。

王府井店

東来順

  • 地下鉄1号線 王府井駅下車
  • 住所:北京市东城区王府井大街198号
  • 電話番号:010-6513-9661

新東安市場店


  • 地下鉄1号線 王府井駅下車
  • 住所:北京市东城区王府井大街新东安市场五层
  • 電話番号:010-65280930

こちらの新東安市場店は「グルヤク」で日本にいながらホームページで予約できるようです。

「グルヤク」の公式HPはこちら

 

その他の中国の有名火鍋店はこちら

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
グルメ
\気に入ったらシェアをお願いします/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

Sakura Mobile 海外WIFI

Sakura Mobile 海外WIFIは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーターで通信料制限がない
〇上海・北京は中国の空港受け取りができる(出発前にバタバタしない)
〇上海・北京なら最悪日本を出国してからでもネットで当日予約可能
△成田・上海・北京以外は受け取りが宅配送料がかかる

Scramble China

海外用Wi-Fi通信レンタル「イモトのWiFi」の格安新サービスです。
Scramble Chinaも中国国内での規制により利用できないGoogle関係アプリやSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーター
〇中国の主要都市をカバー
△受け取りが宅配送料がかかり、出国日の前日到着
△500MB/日や1GB/日など通信料の制限がある

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ