北京地下鉄の乗り方

北京の地下鉄路線図生活
この記事は約7分で読めます。

北京はものすごく地下鉄が発達しています。

地下鉄は車と違って渋滞しないので、地下鉄を乗りこなせれば観光の効率もかなり上がり、行動範囲が広がるのではないでしょうか。

チケットの買い方などを詳しく解説しますので、ぜひ地下鉄をうまく利用してください。

スポンサーリンク

北京の地下鉄に乗る前には検査があります

北京の地下鉄の通路

中国の鉄道は乗車前に金属探知機や手荷物の検査があります。

地下鉄も例外ではなく、これらの検査は実施されています。

この写真は地下鉄の入り口を下におりたところですが、通路の奥の方に検査しているのが見えています。

北京の地下鉄の検査

検査はこんな感じです。

荷物を空港などでよくある検査機に通して、人は金属探知機を通ります。

それから検査機を通過した自分の荷物を取り、進みます。

私はこれまでに荷物検査でNGになったことはありません。飲料もOKです。
(検査が厳しいときはたまに飲料を一口飲むように言われることはあります)
刃物や危険物、燃えやすい液体や油、自転車や洗濯機・テレビなどの大型なもの、180㎝を超えるような長いものなどはNGです。
ごくまれに除光液など化粧品系でNGになる場合があります。

北京地下鉄の切符/チケット売り場

北京の地下鉄の券売機

日本と同じように切符/チケットを買う人は券売機で買います。

(地元の人は交通カードを使う人が多いです)

北京の地下鉄の駅事務所

交通カードでエラーが発生する場合とか特別な対応が必要な場合には駅の事務所がありますので、そこで言います。

北京地下鉄の路線図と料金表(切符/チケットの値段)

北京の地下鉄の路線図

北京の地下鉄の路線図です。

北京や上海の地下鉄は非常に複雑です。

今も新しい路線や新しい駅の開通が続いています。

北京地下鉄の切符/チケットの料金体系

初乗りが3元(1元=16円の場合、48円)なので、日本と比べてかなり安いです。

・6km以内・・・3元
・6km~12km・・・4元
・12km~22km・・・5元
・22km~32km・・・6元
・32km以上は20kmごとに1元加算
※空港線は別料金体系

 

スポンサーリンク

北京地下鉄の切符の買い方

北京の地下鉄のチケット券売機

この写真は北京の地下鉄の切符の自動販売機(券売機)です。

中国の他の都市の地下鉄の券売機ともよく似ています。

地下鉄の切符も買えますし、交通カードのチャージもできます。

切符の買い方の解説図

北京の地下鉄の券売機の切符購入の流れ

北京の地下鉄の切符の買い方はおおまかに以下の5ステップとなります。

1.目的地(自分が行きたい地下鉄の駅)またはチケットの価格を選択する
2.購入する切符の枚数を選択する
3.支払い方法(現金か電子マネーなど)を選択し、支払う
4.購入内容を確認し、「確認」ボタンを押す

5.切符とお釣りを受け取る

目的地(自分が行きたい地下鉄の駅)またはチケットの価格を選択する

北京の地下鉄の券売機その1

最初は地下鉄全体図になっています。

チケットの値段があらかじめわかっている場合は右側にあるチケットの価格を選択すればよいです。

(この買い方は日本とほぼ同じですね。路線図などの料金表からチケットの価格を先に確認してから、券売機で価格を指定する買い方です)

価格がわからない場合は行先を選択しても買えます。

行先を選択するには、画面上部にある路線のボタンで路線を選びます。

(ここでは例として「1号線」を選択しました)

北京の地下鉄の券売機その2

そうすると地下鉄1号線の駅が表示されます。

ここで自分の行きたい地下鉄の駅名を選択します。

ここでは例として「王府井」駅を選択します。

購入する切符の枚数および支払方法を選択し、支払う

北京の地下鉄の券売機その3

この画面の左にチケット枚数を指定するところがありますので必要な枚数を指定します。

「○张」というのは「○枚」の意味です。

「现金支付」「打码支付」と書かれていますが、現金での支払いの場合には「现金支付」を選択します。

北京の地下鉄の券売機その4

そうすると現金を入れてくださいというこの画面に変わります。

北京の地下鉄の券売機その5

自動販売機の右側を見るとこういう部分があります。

左上の部分はコインを入れるところ、右下の部分は紙幣を入れるところです。

(左下は交通カードをチャージする場合にカードを入れるための場所です)

この券売機ではコインは1元コイン専用で、紙幣は切符を買うときは5元、10元札が使え、交通カードにチャージするときは10元、20元、50元、100元札が使えるようになっています。

紙幣は機械に記載されている通り、端を揃えていれないとうまく読んでくれません。

 

100元札や50元札などの大きなお札は券売機で使えないことが多いです。
お札を読み取りの失敗時は別のお札に変えるとうまくいくことがあります。またよくつり銭切れ(画面に「只收硬币」と出ています)になるので、コインが多くあると便利です。

切符とつり銭を受け取る

北京の地下鉄の券売機

券売機機の下の方にこんなところがあり、ここに切符とお釣りが出てきます。

北京地下鉄の改札入り口

北京の地下鉄の改札入り口

北京の地下鉄も日本と同じように自動改札です。

北京の地下鉄の改札機

「请刷卡(カードをタッチしてください)」の部分にチケットをタッチします。

北京地下鉄のホーム

北京の地下鉄のホーム

日本と同様に、ホームには透明の壁と扉がつけられており、ホームの下に落ちない安全設計になっています。

北京の地下鉄ホームの案内板

北京の地下鉄のホームには案内板があり、現在の時刻と次の電車とその次の電車が来るまでの時間が表示されています。

北京の地下鉄には時刻表はありません。

始発と終電の時刻は決まっています。

北京地下鉄のトイレの場所

日本では地下鉄のトイレは改札階にあることが多いですが、北京の地下鉄の場合はトイレはホーム階にあることが多いです。

だいたいホームの端にあります。

(上の写真でもよく見たら、ホーム階にトイレの案内があるのが見えると思います)

ホームにある案内用の端末

北京の地下鉄の案内端末その1

地下鉄駅のホームに端末が置かれていて、路線図が見れたり、始発や終電の時間がわかったりします。

北京の地下鉄の案内端末その2

参考までにこれが1号線の始発・終電の時刻です。

スポンサーリンク

北京地下鉄の車両の中

北京の地下鉄の車両の中

地下鉄の車両の中はこんな感じです。

この電車は空いていますが時間帯や路線によっては満員電車になります。

北京の地下鉄の車両のいす

地下鉄の車両のいすはプラスチックが多く、あまり座り心地が良いとは言えません。

電車もバスも降りる駅の直前にはドアの近くにいないと下りられない
電車もバスも降りる人を待たずに乗ってくる場合も多いので注意してくださいね。電車を降りる場合には電車の中で、降りる駅までに、扉の近くに移動しておかないといけない場合も大都市ではあります。満員電車で「下りますか?」って聞かれて、「下りません」と答えると場所を入れ替わってどんどん扉に近づいていきます。

北京の地下鉄の車両内の案内表示板

北京の地下鉄の車両内の案内表示です。

路線図と今いる場所や次の駅、どちらのドアが次の駅で開くかがわかります。

北京地下鉄の乗り換え

北京の地下鉄の乗り換え

地下鉄の乗り換えは日本と同じようにホームや連絡通路などの案内板を目印に移動します。

北京の地下鉄の乗り換え

駅の中でつながっていますので改札を出ることなく、ホームを移動します。

(間違って改札を出てしまわないように注意してくださいね)

駅によれば乗り換え先のホームが遠いため、乗り換えにかなり時間のかかる駅もあります。

北京地下鉄の出口

北京の地下鉄の出口案内

「出」と書いてある方向に行けば出口に行けます。

(こういうところが日本人は漢字がわかるから便利ですよね)

北京の地下鉄の改札出口

出口も自動改札になっています。

北京の地下鉄の改札出口その2

チケットは回収され、再利用されますので、赤い部分に差し込みます。

(交通カードの場合は入り口同様のカード読み取り部にタッチします)

 

北京の地下鉄の出口案内

改札を出る前に、出口案内を見て、どの改札から出てどの出口から出るのかよく確認した方がよいと思います。

北京の地下鉄の出口

北京は道路が非常に広いことがよくあり、道の反対側に渡ることができない部分も多くあります。

出る出口を間違えて、また戻って別の出口から出るようなこともよくあるので、自分の行先と出口をしっかり確認されることをおすすめします。

スポンサーリンク

 

番外編:2004年の北京の地下鉄

2004年の北京の地下鉄の入り口

私が初めて北京に行ったのが2004年でその当時に撮った地下鉄の入り口の写真です。

この頃はチケットも紙で人が販売をしていました。

2004年の北京の地下鉄ホーム

2004年の地下鉄1号線の建国門駅のホームです。

2004年の北京の地下鉄の電車

当時の地下鉄の車両です。

車両についている「北京」の文字がレトロな感じですね。

2004年北京の地下鉄の1号線

2004年には1号線は現在と同じ感じになっていますね。

2004年の北京の地下鉄路線図

2004年の北京の地下鉄路線図です。

1号線と2号線と13号線の3つしかありませんでした。

北京の地下鉄は短期間でものすごい発展したなあと改めて思います。

スポンサーリンク

北京の観光スポット

万里の長城(八達嶺長城)~中国で一番おすすめする観光地~9866 views
王府井小吃街 ~中国の屋台大集合~4461 views
北京 天安門広場 観光情報と行き方3535 views
北京 頤和園 ~中国最大規模の皇室庭園~1905 views
北京 景山公園 ~故宮を上から眺められる場所~1788 views
北京の繁華街 王府井 ショッピングとグルメの街1677 views
北京 前門で老北京を味わう463 views
北京観光情報221 views
北京観光おすすめランキング【2020年版】134 views
北京観光3泊4日のおすすめモデルコース113 views
スポンサーリンク

北京の名物料理

北京ダックの老舗 全聚德
北京ダックと言えば全聚德というくらい有名な北京ダックの老舗が全聚德です。王府井、前門、和平門など北京のあちこちに支店があります。また北京以外に上海・青島・無錫などに、日本では東京(銀座、新宿、六本木)に支店があります。
東来順飯庄 ~有名な老舗火鍋店~
「東来順飯庄」は北京を中心に全中国展開している有名老舗火鍋店です。素材の味を引き立てる「清湯」なスープで肉や野菜の素材本来の味ですごくおいしいです。日本のしゃぶしゃぶにかなり近い感じです。火鍋なので自分の好きな具材が好きなだけオーダーして満腹なんだけど料金はリーズナブルなので、日本人には火鍋は超おすすめです。