北京交通カード一卡通

北京の交通カード一卡通生活
この記事は約5分で読めます。

日本でも全国的に交通カードがありますが中国でも同じように各都市で交通カードが使えます。

北京の交通カードは「一卡通」という名前で、ピンインはyīkǎtōngです。

交通カードがあれば、地下鉄やバスで使えます。

またタクシー(一部使えないタクシーもあります)でも使えます。

観光で地下鉄・バス・タクシーなどをよく利用する人には券売機の列にならばなくてよい、小銭が不要などメリットが多いので、必需品だと思います。

スポンサーリンク

北京の交通カード一卡通の購入場所・買い方

 

北京の地下鉄の駅事務所

一卡通を買うには地下鉄の駅の窓口が一番便利だと思います。

よく「北京首都空港で買えないの?」と聞かれますが、売っているという情報もあれば、売っていないという情報も多くあります。

私は中国で交通カードを買う場合はたいてい地下鉄の駅で買います。

実際に北京でも上海でも地下鉄の窓口で交通カードを購入しました。

北京首都国際空港から机場線に乗る人はたいてい「三元桥」「东直门」で地下鉄に乗り換えることが多いと思いますので、その時に買えばよいと思います。

北京交通カード一卡通

一卡通はこんなデザインのカードです。

有効期限は6年で設定されています。

一卡通には20元のデポジットが必要です。
地下鉄の窓口に行って、例えば100元札を渡して、スマホで一卡通の写真を見せるか一卡通の字を書くなどすれば、たいていは通じると思います。
デポジットが20元必要なので、新しいカードに80元をチャージした状態で返してくれると思います。
自分がチャージしたい額+20元を窓口に渡せばよいと思います。
(こんなにチャージする人いないと思いますが、参考までにチャージの上限は1,000元です)
一卡通の購入には申込用紙もパスポートも必要なく、現金(人民元)だけでOKです。

一卡通の購入時の会話の参考例(100元札を出した想定)

Wǒ xiǎng bàn yīxià jiāotōng kǎ.
我想办一下交通卡。
交通カードを作りたいのですが。(と言って100元を渡す)
Bāng wŏ jiào liàng chūzūchē ma?
好的,20元是办卡押金,充80吗? 
はい、わかりました。20元がデポジットになりますので、80元のチャージですね?
Shì de, máfanle.
是的,麻烦了。
そうです。お願いします(「お手数おかけします」的な決まり文句)
スポンサーリンク

北京の地下鉄での一卡通の使い方

北京の地下鉄の改札入り口

北京の地下鉄の自動改札です。

北京の地下鉄の改札機

「请刷卡(カードをタッチしてください)」の部分に一卡通をタッチします。

スポンサーリンク

北京のバスでの一卡通の使い方

北京のバスのカード読み取り機

北京のバスの乗車口と降車口にはこのようなカード読み取り機が設置されています。

カード読み取り機の下の部分が交通カードの読み取り部分になっていますので、乗車時と降車時にそれぞれタッチします。

スポンサーリンク

北京の交通カード一卡通のチャージ方法

北京の地下鉄のチケット券売機

一卡通のチャージも地下鉄の駅の券売機がよいと思います。

切符を買う専用のマシンもたまにありますので、チャージができるマシンを選んでください。

(「充值(チャージの意味)」の表示のあるマシンです)

一卡通のチャージの解説図

北京交通カード一卡通のチャージ解説図

一卡通のチャージはおおまかに以下の5ステップとなります。

1.「充值(チャージ)」ボタンを押す
2.一卡通を券売機に差し込む
3.支払い方法(現金か電子マネーなど)を選択し、チャージする金額を支払う
4.領収書が必要か不要を選択する
5.チャージ完了後、一卡通を取る

「充值(チャージ)」ボタンを押す

地下鉄券売機チャージその1

券売機の最初の画面ですが、下の少し左側に「充值」というボタンがありますので、まずこれを押してください。

一卡通を券売機に差し込む

地下鉄の券売機チャージその2

カードを差し込むようメッセージが出ます。

地下鉄の券売機チャージその3

カード差し込み口はこんな感じです。

ここにチャージをしたい一卡通を差し込みます。

現在の金額が表示され、現金で支払うか電子マネーなどで支払うか選択する

北京交通カード一卡通

「当前余额」というのが現在カードに残っている残高です。

この例では33元残っています。

「现金支付」が現金で支払うなので、現金の場合はこちらを選びます。

(参考までに「扫码支付」はバーコードを利用して電子マネーなどで支払う場合です)

地下鉄の券売機チャージその4

紙幣を入れるよう、メッセージが表示されます。

現金を入れ、領収書の有無を選ぶ

券売機の現金投入口

自動販売機の右側を見るとこういう部分があります。

ここにチャージする現金を入れます。

この券売機では交通カードにチャージするときは10元、20元、50元、100元札が使えるようになっています。

紙幣は機械に記載されている通り、端を揃えていれないとうまく読んでくれません。

お札読み取りの失敗時は別のお札に変えるとうまくいくことがあります。
地下鉄の券売機チャージその5

ここでは50元を入れました。

「充值不打印收据(チャージし、領収書は発行しない)」または「充值并打印收据(チャージし、領収書を発行する」のどちらかを選びます。

ここで「充值不打印收据(チャージし、領収書は発行しない)」を選びました。

一卡通を取る

地下鉄の券売機チャージその6

「充值成功(チャージが成功)」のメッセージが出たので、一卡通を取ります。

(残額が50元増えて、83元になっていることがわかると思います)

一卡通の払い戻し方法

もう一卡通を使用しなくなった場合は払い戻しができます。

払い戻しも地下鉄の窓口でできます。

残額が100元なければ、手数料はかかりません。

残額が100元を超えていた場合は、手数料が1%かかります。

一卡通の払い戻し時の会話の参考例

Wǒ xiǎng bànlǐ tuì kǎ.
我想办理退卡。
カードの払い戻しがしたいのですが。(と言って一卡通を渡す)
スポンサーリンク

北京の観光スポット

万里の長城(八達嶺長城)~中国で一番おすすめする観光地~13000 views
王府井小吃街 ~中国の屋台大集合~5917 views
北京 天安門広場 観光情報4819 views
北京 景山公園 ~故宮を上から眺められる場所~2488 views
北京 頤和園 ~中国最大規模の皇室庭園~2385 views
北京の繁華街 王府井 ショッピングとグルメの街2183 views
北京観光2泊3日のおすすめモデルコース1705 views
北京 鳥の巣(国家体育場)656 views
北京観光3泊4日のおすすめモデルコース632 views
北京観光情報626 views
スポンサーリンク

北京の名物料理

北京ダックの老舗 全聚德
北京ダックと言えば全聚德というくらい有名な北京ダックの老舗が全聚德です。王府井、前門、和平門など北京のあちこちに支店があります。また北京以外に上海・青島・無錫などに、日本では東京(銀座、新宿、六本木)に支店があります。
東来順飯庄 ~有名な老舗火鍋店~
東来順飯庄は北京を中心に中国展開している有名老舗火鍋店です。素材の味を引き立てる清湯なスープで肉や野菜の素材本来の味ですごくおいしいです。日本のしゃぶしゃぶに近いです。