百度地図アプリの使い方(行先の検索)

百度地図インストール生活

ご存知の通り、中国ではGoogle Mapが使えません。

中国では百度地図を私は使っています。

大体の使い方はGoogle Mapと同じですので、感覚的にはすぐに使えると思います。

もちろん地図アプリとして自分が今いる場所の確認などもできますが、今回は基本的な行先の検索についてご紹介いたします。

ただし中国語なので、多少中国語がわからないと難しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

百度地図アプリのインストール

まず中国で使える携帯電話に百度地図アプリをインストールします。

私の場合はiphoneなので、App Storeから百度地図アプリをインストールしました。

(Androidの場合はGoogle Playから百度地図アプリをインストールしてください)

百度関連のアプリはいろいろあるので、間違わずに「百度地图」を選んでください。

百度地図のインストール

 

百度地図アプリの起動

インストールが終わるとこのアイコンができますのでクリックして百度地図アプリを起動します。
百度地図アプリの起動

 

百度地図アプリで場所の検索

百度地図アプリのこの赤枠のところに行きたい場所を入れるとその場所の地図が出てきます。

ここでは行先として「长富宫饭店」と入れてみました。

中国語(簡体字)が入力できない場合は日本語の漢字で入力すればよいです。

百度地図アプリは簡体字しか反応しないわけではありません。

「長富宮飯店」と日本語の漢字で入れても検索されます。

百度地図アプリの行先の設定画面

そうすると行先がこのように表示されます。
百度地図アプリの行先を入力

 

百度地図アプリ「到这去(ここに行く)」をクリックし起点を入れる

百度地図アプリで「到这去(ここに行く)」をクリックするとどこからという起点を入れる画面となり、「我的位置(今自分がいるところ)」や場所の名前を入れます。

ここでは起点として北京首都空港を入れました。

百度地図アプリの行先の確定

 

百度地図アプリではいろんな検索結果が出ます

タクシーで行く場合やバス、地下鉄などの公共交通機関で行く場合、自分で車を運転していく場合、歩いていく場合など、さまざまなパターンでの検索結果が表示されます。

公共交通機関で行く場合は乗り換えや時間なども考慮して複数パターンの結果が表示されます。

「用车(車で行く)」はタクシーなどで行く場合

出租车というのがタクシーです。おおよその金額も表示されます。

赤色や黄色の部分は渋滞状況を表しています。

百度地図アプリで車で行く場合の画面

 

「公共(公共交通機関で行く)」は地下鉄やバスなどで行く場合

百度地図アプリでも日本のアプリと同じくいくつかのパターンが出ます。

時間が早いもの、歩く距離が短いもの、値段が安いものなどを比較して、パターンを選べばそのパターンの詳細が表示されます。

私はこの機能を使い、バスと地下鉄をうまく利用しまくっています。

特にバスはこの百度地図アプリがあるおかげで、どのバスが近くにあるかわかりますし、バスの経路や地下鉄への乗り換え停留所などもわかるのですごく便利です。

この例は一番早い方法は「机场线(空港線)」の電車に乗って、「地铁2号线(地下鉄2号線)」に乗り換えると出てきています。

百度地図アプリ公共交通機関で行く場合の画面

その部分を選ぶと、詳細が出てきます。

どの駅で乗って、どの駅で降りるという情報です。

この場合、「机场线(空港線)」を「T3航站楼」という駅(站は駅という意味です)から3駅、時間で27分間乗り、「东直门(東直門)」駅で降りて、乗り換えに508m歩いて、7分かかりますという意味です。

百度地図アプリ地下鉄表示の例

「地铁2号线(地下鉄2号線)」では「东直门(東直門)」駅から「东四十条(東四十条)」方面の電車に3駅、時間で7分間乗り、「建国门(建国門)」駅で降りて、「B东北口(B東北口)」から630m、時間で8分間歩けば着きますという意味です。

「导航」という表示がありますが、これはナビ機能です。

百度地図アプリ地下鉄の表示例その2

百度地図アプリでバスを乗りこなせます
私はこの機能を使い、バスと地下鉄をうまく利用しまくっています。特にバスはこの百度地図アプリがあるおかげで、どのバスが近くにあるかわかりますし、バスの経路や地下鉄への乗り換え停留所などもわかるのですごく便利です。日本人感覚だとタクシーも安いですが、バスはさらに安いです。(大体2元くらい、地方なら1元。交通カードで割引もあります)

「驾车」は自分で車を運転していく場合

高速道路の価格や道路の渋滞情報も表示されます。

距離、時間、料金などを考慮して複数のパターンが表示されます。

ナビ機能も使えます。

百度地図アプリ車で運転して行く場合の検索結果

 

この百度地図というアプリはなかなかよくできていて、中国で生活するには手放せないアプリです。

多少の中国語の知識と中国の携帯電話番号を持っていれば、より使い勝手がよいと思います。

 

 

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
生活
\気に入ったらシェアをお願いします/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

Sakura Mobile 海外WIFI

Sakura Mobile 海外WIFIは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーターで通信料制限がない
〇上海・北京は中国の空港受け取りができる(出発前にバタバタしない)
〇上海・北京なら最悪日本を出国してからでもネットで当日予約可能
△成田・上海・北京以外は受け取りが宅配送料がかかる

Scramble China

海外用Wi-Fi通信レンタル「イモトのWiFi」の格安新サービスです。
Scramble Chinaも中国国内での規制により利用できないGoogle関係アプリやSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーター
〇中国の主要都市をカバー
△受け取りが宅配送料がかかり、出国日の前日到着
△500MB/日や1GB/日など通信料の制限がある

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ