北京観光スポットおすすめランキング(2020年版)

北京の街の高層ビル北京
この記事は約8分で読めます。

中国の首都北京、観光地としてもたくさんの世界遺産などがあり、魅力的な街です。

私はこれまで長期・短期合わせて100回以上北京に行ったことがあると思います。

せっかくの経験なので、私が実際に行ったことのある北京の観光地をまとめて紹介する記事を作成してみましたのでご活用いただければうれしいです。

ランキング形式で紹介していますが、あくまで個人的な評価(私のおすすめ度合いのランキング)という点はこれまで通りなのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

第1位 万里の長城(八達嶺長城)

万里の長城


北京の観光スポットで私が一番おすすめするのはやはり「万里の長城」です。

果てしなく続く万里の長城なので、北京で万里の長城と言っても「八達嶺長城」「慕田峪長城」「居庸関長城」「古北口長城」「司馬台長城」などがあります。

その中で最も有名なのが世界遺産にも認定されている「八達嶺長城」です。

あまりの人気ゆえに人が多いのが欠点ですが、北京に行って万里の長城を見なかったというのはかなりもったいないと思いますので、ぜひ観光されるのをおすすめします。

万里の長城(八達嶺長城)の観光情報
住所:北京市延庆区八达岭镇八达岭长城内  Google Map
入場料:旺季(4月1日~10月31日)大人 40元
(※学生 20元、60歳以上 20元、未成年(6歳以上18歳以下)20元)
入場料:淡季(11月1日~3月31日)大人 35元
(※学生 17.5元、60歳以上 17.5元、未成年(6歳以上18歳以下)17.5元)
開園時間:7:30~18:00
観光時間目安:2時間程度(どこまで歩くかにより時間が変わります)
ただ、万里の長城は郊外にあるため、自力で行くのは中国が話せるか、かなりの土地勘がないと正直言って難しいと思います。現地ツアーに参加するのが時間の効率も良いと思います。現地ツアー例を見てみる
万里の長城の詳しい解説と電車・バスなどでの行き方はこちらをどうぞ

第2位 故宮(紫禁城)

北京の故宮(紫禁城)


明、清時代の皇帝・皇后が暮らした故宮(紫禁城)も絶対見逃せない観光スポットです。

1987年に世界遺産に登録されています。

一歩故宮の中に入れば、ラストエンペラーの世界が広がります。

中国王朝のスケールの大きさが良くわかると思います。

気をつける点として1日8万人までの入場制限があるため、休みの日などはよく制限を超えてしまい、入れないことがあるので、旅行会社やホテルで入場予約をした方がよいと思います。

故宮(紫禁城)の観光情報
住所:北京市东城区景山前街4号  Google Map
最寄駅:地下鉄1号線「天安門東」駅
入場料:
旺季(4月1日~10月31日)大人 60元
入場料:淡季(11月1日~3月31日)大人 40元
開園時間:旺季 8:30~17:00 淡季 8:30~16:30
観光時間目安:2時間程度

第3位 天安門広場

北京の天安門


天安門広場は世界最大級の広場で南北に約880m、東西に約500m、面積は約44万㎢です。

ニュースでよく映る景色がそのままの形で見ることができます。

1949年10月1日に毛沢東主席が中華人民共和国建国の宣言を天安門で実施してします。

今も天安門には毛沢東主席の肖像画がかかげられています。

天安門の北側には故宮が広がります。

また天安門広場の東側には中国国家博物館、西側には人民大会堂、南側には人民英雄紀念碑、毛主席紀念堂がそれぞれあります。

北京の街の中心で地下鉄で簡単に行けますので、ぜひ足を運んでください。

天安門広場の観光情報
住所:北京市東城区東長安街  Google Map
入場料:広場の入場は無料、天安門城郭に登るには入場料 15元
開園時間:天安門広場はいつでも行けますが、天安門城郭への入場は 8:30~17:00
観光時間目安:1時間程度
天安門広場の詳しい解説や行き方はこちらをどうぞ

第4位 頤和園

北京の頤和園


頤和園は清朝の時代の離宮で、西太后の離宮としても有名です。

頤和園は中国最大級の皇室庭園と言われています。

頤和園の中には山や湖があるのですが、これらが人口で作られたものというのが驚きです。

頤和園の観光情報
住所:北京市海淀区新建宫门路19号 Google Map
最寄駅(東宮門):地下鉄4号線「西苑」駅
最寄駅(北宮門):地下鉄4号線「北宫门」駅
最寄駅(新建宮門):地下鉄西郊線「颐和园西门」駅
入場料:
旺季(4月1日~10月31日)大人 60元
入場料:淡季(11月1日~3月31日)大人 50元
開園時間:旺季 6:30~20:00 淡季 7:00~19:00
観光時間目安:3~5時間程度
頤和園の詳しい解説と電車・バスなどでの行き方はこちらをどうぞ

第5位 天壇公園

北京の天壇公園

歴代の皇帝が五穀豊穣の祭祀を行った場所が天壇公園となっています。

北京の南部にあり、総面積が約273万㎢と非常に広い公園です。

現存する中国最大の祭祀建造物と言うことで1998年に世界遺産に登録されています。

天壇公園の観光情報
住所:北京市东城区天坛东路1号 Google Map
最寄駅(東門):地下鉄5号線「天坛东门」駅
入場料:
旺季(4月1日~10月31日)大人 34元
入場料:淡季(11月1日~3月31日)大人 28元
開園時間:旺季 8:00~17:30 淡季 8:00~17:00
観光時間目安:2時間程度(どこまで歩くかにより時間が変わります)

第6位 王府井小吃街

王府井小吃街


北京の繁華街と言えば「王府井」ですね。

大型のショッピングセンターやブランドショップが数多く集まっています。

その王府井にある「王府井小吃街」は中国の屋台が大集合した観光名所になっています。

中国の屋台の活気やお店の人とのやりとりなどがおもしろいと思います。

見るだけでもおもしろいと思いますのでぜひ立ち寄ってみてください。

食事は屋台でなくとも王府井にはたくさんのレストランがあるので大丈夫です。

王府井小吃街の観光情報
住所:北京市东城区王府井王府井大街  Google Map
最寄駅:地下鉄1号線「王府井」駅
観光時間目安:1時間程度
王府井小吃街のくわしい解説はこちらをどうぞ

第7位 明十三陵

北京 明の十三陵

北京中心部から北西50kmの場所にある「明十三陵」は明時代の皇帝の陵墓です。

明代の皇帝16人のうち13人の皇帝の陵墓がここにあります。(観光公開は一部のみ)

2003年に世界遺産に登録されています。

世界遺産ということもあるので見ておきたい場所なのですが、自力で行くとなると少し遠いので、あまりおすすめはしません。

北京や中国に詳しくない場合は万里の長城(八達嶺長城)と同じ方面のため、万里の長城とセットになったツアーがあるので、そのツアーが便利だと思います。

明十三陵の観光情報
住所:北京市昌平区212省道  Google Map
入場料:旺季(4月1日~10月31日)大人 60元
入場料:淡季(11月1日~3月31日)大人 40元
開園時間:旺季 8:00~17:30 淡季 8:30~17:00
観光時間目安:2時間程度

第8位 オリンピック公園(鳥の巣・水立方)

北京の鳥の巣

2008年の北京オリンピックのときに作られた国家体育場(鳥の巣)と北京国家遊泳中心(水立方)はその奇抜なデザインが写真映えすると思いますので、時間に余裕があれば、寄ってみてもよいのではと思います。

夜はライトアップもされてきれいです。
オリンピック公園の観光情報
住所:北京市朝阳区国家体育场南路1号  Google Map
最寄駅:地下鉄8号線・15号線「奥林匹克公园」駅
入場料:
鳥の巣 40元~110元 水立方 30元
※見学する階や内容によってさまざまなチケットの種類があります。
開園時間:昼間 9:00~18:30 夜間 19:00~21:30
観光時間目安:1~2時間程度

第9位 秀水街

北京の秀水街
外国人がよくショッピングで使っているのが地下鉄「永安里」直結の秀水街です。
英語名はSILK STREETで、いろんなものが売られています。
すごく昔は路面の市場だったのですが、大分前からショッピングモールになっています。
私がここで買ったことがあるものは、カバン、財布、スーツケース、スーツ、ワイシャツ、ベルト、ジーンズ、万年筆、眼鏡、iPhoneやiPad関連製品などです。
日本人でも秀水街が好きな人はけっこう多くいると思います。
秀水街の買い物では値切りのうまさが勝負です。
秀水街の情報
住所:北京市朝阳区建外大街秀水东街8号  Google Map
最寄駅:地下鉄1号線「永安里」駅
ショッピング時間目安:
2時間程度(どれだけ買うかによって時間が変わります)

第10位 前門大街

前門
天安門広場の南に位置する「前門大街」のあたりは北京観光の中国の人が多く集まる場所です。
そのため、有名なレストランや北京名物料理なども多く集まっており、便利です。
「老北京(昔懐かしの北京の街並み)」を味わえるこの前門あたりのゾーンもおすすめです。
前門大街の北の端には1420年に作られた正陽門(前門)があります。
前門大街の観光情報
住所:北京市东城区前门大街  Google Map
最寄駅:地下鉄2号線「前门」駅
観光時間目安:
1~2時間程度(食事をする場合はもう少し時間がかかります)
前門大街の詳しい解説はこちらをどうぞ
旅行会社の「北京の観光旅行プラン」もたくさんあります
好きな旅行会社のプランを見てみる
  • JAL海外ツアー ※JALのフライトで行けるのがすごく魅力
  • JTB海外ツアー ※Look JTBならではの豊富なツアー・バリエーション
  • HIS ※やっぱりリーズナブル
北京現地のオプショナルプランを見てみる