北京 鳥の巣(国家体育場)

北京の鳥の巣北京
この記事は約5分で読めます。

2008年の北京オリンピックでメイン会場として使われたのが鳥の巣です。

オリンピック公園内にあり、すぐ近くに水立方もあります。

この記事を読んでほしい人
  • 北京オリンピックや陸上競技などに興味がある人
  • 北京の世界遺産級の観光スポットはすでに行った
  • 建築に関心がある人
スポンサーリンク

鳥の巣(国家体育場)の外観

鳥の巣

正式名称は国家体育場ですが、「鳥の巣」の名前でよく知られていると思います。

中国語では鸟巢 Niǎocháoと言います。

鳥の巣

近づけば近づくほどわかるのですが、スタジアムなので、かなり大きいです。

建築面積は約258,000 m²で東京ドームの約5.5倍の大きさで高さは約69mです。

鳥の巣

確かに立体的に柱が鳥の巣のように交わっていて、かなり複雑な感じです。

デザイン性と力学などがきっと考慮されていると思えば、すごいですね。

鳥の巣の柱のアップ

外から柱に近寄ってみることができるので、入場料金を払わなくても、十分楽しめます。

鳥の巣(国家体育場)のスタジアム内部

鳥の巣のスタジアム内部

鳥の巣の内部の観客席です。

固定席として80,000人、臨時席でプラス11,000人が収容できるようです。

競技が行われているわけではありませんが、スタジアムに入ると気持ちがワクワクします。

鳥の巣のスタジアム内部

スタジアムのピッチに下りることができました。

陸上競技の選手になったら、こういう光景が見れるんだとなかなか興味深かったです。

鳥の巣のピッチ

満員の観客が入ったらピッチから見ればすごい迫力なんでしょうね。

鳥の巣の建築時の様子

鳥の巣の建築の様子

古い写真ですが、鳥の巣の建築時に車窓から撮った写真です。

北京の観光ツアーでは鳥の巣は車窓から見るというプランも多いです。

鳥の巣の建築時の様子

このオリンピック公園周辺は2008年のオリンピックがきっかけで開発された地区で、現在ではいろいろと整備されて、スポーツ関係の設備などが数多く集まっています。

2008年の北京オリンピック

北京オリンピック公園

8は縁起が良いので、2008年8月8日の午後8時に北京オリンピックの開幕式が行われました。

北京オリンピック開会式

北京オリンピックには204の国と地域が参加をしています。

北京オリンピック公園

オリンピックタワーです。

今もこのあたりに行けば、北京オリンピックを感じることができるかもしれません。

鳥の巣の北京オリンピックマスコット

昔の写真ですが、鳥の巣に行ったときに、北京オリンピックのマスコットたちがいました。

福娃 Fuwaという名前でした。

すごく懐かしいですね。

鳥の巣(国家体育場)の観光情報

天気の良い日にオリンピック公園を散歩しながら、鳥の巣や水立方を見てまわるのも良いですね。

特にこだわりがなければ、外からの見学でも良いと思います。

せっかく行ったので中に入りたいという人は競技などで鳥の巣が使われていない日であれば、有料で入場することができます。

鳥の巣(国家体育場)の観光情報
  • 住所:北京市朝阳区国家体育场南路1号
  • 開園時間(昼):9:00~18:30(18:00入場停止)
  • 開園時間(夜)18:30~21:30(20:50入場停止)
  • 休日:なし(競技や催物がないときは有料で入場可能)
  • 入場料:40元~110元
  • 観光時間目安:30分程度

鳥の巣(国家体育場)の交通アクセス・行き方・地図

地下鉄でのアクセス

オリンピック公園には地下鉄が通っていますので地下鉄が便利だと思います。

地下鉄
  • 地下鉄8号線・15号線「奥林匹克公园」駅

バスでのアクセス

バス
  • 国家体育场东(鸟巢)(431m)・・・82路、419路、538路、645路
  • 北辰东路(鸟巢)(520m)・・・观光3线
  • 北辰东路(524m)・・・82路、419路、538路、夜34路
  • 慧忠路西口(609m)・・・645路、928路、夜34路
  • 亚运村(812m)・・・386路、407路、490路、613路、645路、658路、740路内环、740路外环、740路外环公益西桥、快速直达专线147路、快速直达专线7路

バス路線の調べ方はこちらの記事が参考になると思います。

鳥の巣(国家体育場)周辺の地図

鳥の巣(国家体育場)の観光ワンポイントアドバイス

しゅうしゅう
しゅうしゅう
  • 周辺はオリンピック公園になっていて、すぐ近くには水立方があります。
  • デザインや建築は一見の価値ありですが、基本スタジアムなので、お金を払って中に入場するかは人によって意見が分かれると思います。
  • 私は行けていないのですが、「鸟巢空中走廊」ということでスタジアムの上部を歩けるようです。(有料)
  • 夜はライトアップされてきれいです。

北京の観光スポットやグルメ

万里の長城や頤和園など北京の人気観光スポットはこちら

万里の長城(八達嶺長城)~中国で一番おすすめする観光地~
北京の北西部にある世界遺産の万里の長城(八達嶺長城)の観光情報(入場料・開園時間)、交通アクセス・行き方・地図などをご紹介します。北京に行って万里の長城を見ないなんて後悔すると思います。北京に慣れていないと行き方が少しわかりにくいので、電車やバスでの行き方も解説しています。
北京 天安門広場 観光情報と行き方
北京の天安門広場の写真や観光情報、交通アクセス、行き方(地下鉄やバスの最寄駅)、地図を紹介します。天安門広場の周囲には人民大会堂・人民英雄紀念碑・毛主席紀念堂・中国国家博物館などがあります。
北京 故宮博物院
北京の故宮博物院の写真や観光情報、交通アクセス、行き方(地下鉄やバスの最寄駅)、地図を紹介します。私は何度も故宮に行ったので、多くの写真を使って、くわしく解説したいと思います。最近は入場予約が必要なので、チケット引き換え場所なども解説しておきます。
北京 頤和園 ~中国最大規模の皇室庭園~
北京の「頤和園」の見どころや開園時間などの観光情報、交通アクセス・地下鉄やバスでの行き方(最寄駅)・地図を紹介しています。清朝の西太后の離宮である頤和園、山あり、湖ありと気持ちが落ち着く大庭園です。頤和園は世界遺産にも登録されており、おすすめの人気観光スポットです。
北京 天壇
北京の天壇の写真や観光情報、交通アクセス、行き方(地下鉄やバスの最寄駅)、地図を多くの写真を使ってくわしく解説します。営業時間やチケットの種類・チケットの値段も紹介しています。
王府井小吃街 ~中国の屋台大集合~
北京の繁華街の王府井にある「王府井小吃街」という中国の屋台が大集合した観光名所の観光情報、交通アクセス(地下鉄最寄駅)・行き方・地図などをご紹介します。見るだけでも楽しめる北京でおすすめの人気観光スポットです。

北京ダックや火鍋など北京の名物料理はこちら

ガイドブックが必要な人向けの情報です





  • お好きなガイドブックで良いので1冊あれば旅行が充実します。
  • 送料無料のショップも多いです。
  • 私は本を持ち歩くのも大変なので電子ブックを購入しています。