武漢 戸部巷の小吃

武漢の戸部巷の入り口武漢

武漢と言えば「小吃」が有名です。

なので武漢は朝ごはんやお昼ご飯のメニューが豊富にあります。

武漢の街の中でも黄鶴楼近くの戸部巷は「小吃」の屋台やお店が並ぶ名所として有名です。

武漢の都市情報
武漢の地図上の位置、人口・面積・GDP・日本への就航都市などの都市情報や観光スポット、名物料理の紹介、武漢の気温・降水量などの武漢に関するいろんな情報を集めてみました。武漢の武昌・漢口・漢陽の3つの地区も解説しています。
スポンサーリンク

戸部巷へ続く道(民主路)

武漢の戸部巷に続く民主路

民主路という道の写真です。

私は長江を渡し船で渡り、その渡し船の降り場からこの民主路を黄鶴楼の方に向かって歩いていきました。

長江側から歩けば、少し軽い坂を上る感じになります。

この民主路はお土産物屋さんや魚療のお店などもあり、楽しめます。

武漢 魚療(魚が足の角質を食べる療法)
台湾や香港やタイのバンコクなどテレビの観光番組で見たことのある「魚が足の角質を食べてくれる店」が武漢の黄鶴楼の近くの観光通りに数件あります。前から一度ぜひやってみたかったので体験してみました。値段は10元で足をつけているだけです。魚が食べて角質除去するのですが、痛くはなく、かゆい感じです。

武漢の戸部巷の入り口

民主路を下から登ると左側に「戸部巷」の入り口があります。

大きな路地ではなく、割と狭い路地で、すごく目立つという感じではありません。

戸部巷の小吃のお店

武漢の戸部巷の路地

戸部巷は150mぐらいの狭い路地の両側に小吃の屋台やお店がぎっしりと並んでいます。

人通りも多いですし、活気がありますね。

武漢の戸部巷の小吃のお店その1

まるで縁日みたいな感じですね。

ある意味北京の王府井小吃街とよく似たイメージです。

王府井小吃街 ~中国の屋台大集合~
北京の繁華街の王府井にある「王府井小吃街」という中国の屋台が大集合した観光名所の観光情報、交通アクセス(地下鉄最寄駅)・行き方・地図などをご紹介します。地下鉄の王府井駅から歩行者天国に入ってすぐで行きやすいです。最近リニューアルされて、パワーアップしています。見るだけでも楽しめる北京でおすすめの人気観光スポットです。

武漢の戸部巷の小吃店その2

左側の「鸭脖」は鴨の首ですね。

中国ではかなりポピュラーな食べ物です。

中国の人はみんな口を揃えて「鸭脖はすごくおいしい」と言います。

真空パックもできるって書いてありますね。

武漢の戸部巷の小吃店その3

春巻みたいな揚げ物やゴマ団子もありますね。

蟹とザリガニですね。

武漢の戸部巷の串

中国にはよく羊肉などの串物が多くあります。

この串も4本で10元なので、大きさの割にそんなに高くないと思います。

4本も食べたら、けっこうお腹がふくれてしまいそうですね。

武漢の戸部巷の小吃店その4

ここは中国菓子のお店ですね。

「手工」なので手作りが売りみたいですね。

武漢の戸部巷の小吃店その5

午前中に行ったのですが、割と人通りがありましたね。

中国の人はこういう屋台は人気があるのだと思います。

武漢の戸部巷の臭豆腐のお店

湖南省の長沙の「臭豆腐」のお店です。

「臭豆腐」はすごく臭いにおいで日本人には敬遠されがちですが、けっこうおいしいですよ。

長沙の「臭豆腐」は特に有名で、なぜか黒いのです。

長沙の黒い臭豆腐
中国では臭豆腐は有名なローカルフードですが、強烈な臭いのために、食べる気持ちになれない人も多いと思いますが、食べたら美味しく、一度食べると癖になります。通常、臭豆腐は油揚げのような茶色ですが、ここ長沙の臭豆腐は黒いことで有名です。現地テレビ局が取材をした「黒色経典臭豆腐」で食べましたが、最高に美味しかったです。

武漢の戸部巷の長沙の臭豆腐を揚げるところ

このお店は大きな鍋で揚げています。

よく見てみてください。

豆腐が黒いでしょう。

不思議ですよね。

武漢の戸部巷の小吃店その6

武漢に観光に行くなら、「黄鶴楼」は外せない観光名所だと思います。

この戸部巷は「黄鶴楼」の近くにありますので、武漢の小吃を見て楽しみ、好きなものを食べて、また楽しんでもらえたらと思います。

武漢 黄鶴楼 ~武漢で観光と言えばここがおすすめ~
黄鶴楼の観光情報、交通アクセス・行き方・地図、ワンポイントアドバイスを紹介しています。長江は別格として、武漢観光でおすすめと言えば黄鶴楼ですね。人気の観光地です。いかにも中国という雰囲気で、江南三大名楼の1つです。元は三国時代の223年に当初は軍事目的で小高い丘の上に建てられ、当時とほぼ同じ位置に再建されたようです。

武漢の小吃のお店 蔡林记/蔡林记

武漢の戸部巷の蔡林记

戸部巷の入り口近くにこの「蔡林記/蔡林记」というお店があります。

この「蔡林記/蔡林记」では武漢の名物の「热干面」が有名で人気店です。

武漢の戸部巷の蔡林记の前の銅像

麺を料理している像がありましたので写真を撮りました。

この戸部巷の通りだけでなく、この地区はいろんなお店が集まっているので、散策してみれば、いろいろなお店が見つけられておもしろいと思います。

スポンサーリンク

戸部巷の観光情報

  • 住所:湖北省武汉市武昌区司门口户部巷
  • 入場料:無料
  • 観光時間目安:さっと見るだけならすぐ、小吃を食べる場合は30分程度(小吃を食べる量によって変わります)

戸部巷の交通アクセス・行き方・地図

  • バス 临江大道汉阳门・・・14路、15路、16路、514路、521路、539路、542路、566路、572路、573路、578路、607路、717路、804路、916路
  • バス 汉阳门码头・・・集汉轮渡专线、快顺二航线
  • バス 中华路都府堤路・・576路、916路
  • バス 解放路后长街・・・14路、15路、514路、521路、539路、542路、566路、572路、573路、578路、607路、717路、916路
  • バス 民主路司门口・・・14路、15路、521路、530路内环、572路、573路、717路、804路
  • バス 中华路司门口・・・573路、717路、916路
  • 轨道交通4号線 复兴路から1.7km
  • 渡し船 汉阳门码头・・・集汉轮渡专线、快顺二航线から560m
  • 渡し船 黄鹤楼码头・・・二航线、十航线から730km
  • 渡し船 中华路码头・・・快顺一航线、零点航班、一航线から750km

※目印に「蔡林記」が良いと思いますので、地図は「蔡林記」に合わせています。

戸部巷のワンポイントアドバイス

  • 近くに黄楼閣があるので、黄楼閣を観光した往きか帰りにお昼ご飯に戸部巷の小吃を食べるのも良いと思います。
  • 私は長江の渡し船に乗りたかったので、そこから上りの道を10分ほど歩きましたが、途中には魚療のお店などもあり、なかなか楽しめました。
この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国に関して私が本当に好きなものや本当に良いと思うものをブログで発信していきます。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
武漢 観光
スポンサーリンク
\気に入ったらシェアをお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

Sakura Mobile 海外WIFI

Sakura Mobile 海外WIFIは中国国内での規制により利用できないGoogle Map、G-mail、YouTubeなどのGoogle関係アプリやLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどSNSのインターネットサービスを利用可能にする高速の4G/LTE WiFiルーターです。

◎海外でも日本にいる時と同様にスマホ・PC・タブレットでインターネットの利用が可能
◎中国国内での規制により利用できないGoogleアプリやSNSが利用可能
○高速の4G/LTEWiFiルーターで通信料制限がない
〇上海・北京は中国の空港受け取りができる(出発前にバタバタしない)
〇上海・北京なら最悪日本を出国してからでもネットで当日予約可能
△成田・上海・北京以外は受け取りが宅配送料がかかる

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ