昆明 滇池

西山から見る滇池 昆明

滇池(てんち)は雲南省最大の湖で、中国全体では6番目に大きい淡水湖です。

別名では「昆明湖」や「昆明池」とも呼ばれています。

面積 297.9 平方キロメートル(参考までに琵琶湖は670.4平方キロメートル)、滇池湖面の海抜は 1,886m、最大深度は8m、平均深度5.5mです。

昆明市の南西にあり、地殻の断層が陥没して形成した湖で、湖の周囲を東の金馬山、西の碧鶏山、北の蛇山、南の白鶴山に囲まれています。

流れ出た水は金沙江を通り、長江となっていきます。

周囲には雲南民族村や雲南民族博物館、西山華亭寺、太華寺、三清閣、龍門、筇竹寺などがあり、中国の有名な観光名所となっています。

スポンサーリンク

雲南民族村から西山にロープウエイで移動

遠くに西山が見えます

雲南民族村側から西山を見ると遠くに山と言うか断崖絶壁が見えます。

雲南民族村から西山へのロープウエイ

このロープウエイに乗って移動です。

雲南民族村のロープウエイ乗り場付近

動き始めました。今ここは雲南民族村側です。

滇池のロープウエイ前方

まずは湖の上を平行に(やや下っている部分もあり)移動です。

ロープウエイからの滇池の景色

湖がきれいに見えます。

このロープウエイがかかっている部分は湖の幅が狭いところだそうです。

ロープウエイからの昆明 滇池の景色(縦)

縦の写真です。

昆明 滇池の広い部分

確かに広いところはどこまで大きいのかわからないです。

天候にも恵まれ、良い景色を堪能できました。

昆明 滇池のロープウエイ横の道路

ロープウエイに平行して、湖を横切るように道路が走っています。

琵琶湖で言えば、琵琶湖大橋みたいな感じなのかもしれませんね。

(湖の幅がせまい部分で湖を渡れるようにしている)

かなり低いところまで下りてきたときの写真です。

湖にかなり近いです。

ロープウエイで雲南民族村から西山に到着

西山に到着

西山側に到着しました。

今乗ってきたロープウエイが下に見えます。

上の方が雲南民族村です。

滇池を横切る道路

アップ写真です。

西山からロープウエイ側を見る

少し歩くときれいに景色が見えてきました。

雲南民族村の方面です。

西山から滇池を見た景色

滇池を見た形式です。

場所が高いだけにさきほどよりもよく見えます。

西山側は断崖絶壁

西山側を見ると断崖絶壁です。

西山のリフトでさらに上に移動します。

西山のリフト

ロープウエイを下りてから、また西山側に別のリフトに乗らなければなりません。

ロープウエイとリフトは料金は別です。

西山のリフト

けっこう高さがあるので、このリフト、なかなかこわかったです。

長さもかなり長いです。

リフトから山側

山側の景色です。

リフトから滇池側の景色

滇池側の景色です。

リフトの下側の景色

リフトの下側の形式です。

半端じゃないくらい高いので、ちょっと怖いです。

リフトから見た西山の断崖絶壁

リフトから見た西山の断崖絶壁です。

西山から見た滇池の最高の景色

滇池の最高の写真

中国の旅行ガイドブックにこんな写真が載っていて、旅行前には絶対にここを見たいと思っていました。

怖いリフトに乗りながらでしたが、「ここだ」と思って、撮りました。

西山から見た滇池の最高の景色

私はプロみたいな写真は撮れませんが、「西山から見る滇池」の最高の景色を見て、満足でした。

西山から見た滇池

最後に横の写真です。

スポンサーリンク

 

昆明 滇池の観光情報

  • 住所:昆明市西山区湖滨路16号(龙门索道滇池站の住所)
  • 観光時間目安:半日程度(ロープウエイから西山に移動して西山を観光)、雲南民族村と合わせて1日コースで予定を組むのが良いと思います。

昆明 滇池の交通アクセス・バスでの行き方・地図

龙门索道滇池站まで行くバスは94路しかありません。

94路のバスに乗るか、先に別のバスで雲南民族村に行って、南民族村を観光してからロープウエイに行くのも良い方法です。

雲南民族村だと昆明駅からも直通のバスが出ていますし、路線や本数も多いです。

94路のバスは雲南民族村にも停留所がありますので、龙门索道滇池站間の移動にも使えます。

  • バス(海埂旅游索道站)・・・94路
  • バス(云南民族村)・・・24路、44路、73路、94路、135路、165路、184路、233路、a1路、a9路

雲南民族村付近にある西山へのロープウェイ乗り場

ワンポイントアドバイス

  • 雲南民族村と西山の間はロープウェイがあり、さらに西山にはリフトがあります。西山からの滇池の景色は最高です。
  • 移動手段としてバスは安いです。でも昆明市内からタクシーで行っても日本人からすれば全然安いので、人数がいる場合はタクシーも手だと思います。
  • 西山のリフトは高所恐怖症の人は下を見ないようにした方がよいと思います。
  • 大観公園と民族村の間には観光船が運航していており、滇池巡りをすることができます。

昆明の観光情報はこちら

昆明 雲南民族村
雲南省昆明の雲南民族村の観光情報とバスでの行き方を紹介します。雲南省の少数民族の生活・住居・文化などを紹介するテーマパークです。プーアル茶など雲南省のお土産物も販売しています。周囲に滇池、西山、龍門など有名な観光名所がたくさんあります。
昆明 雲南民族村(白族)
雲南省昆明の雲南民族村の白族村(ペー族の村)の紹介です。白族(ペー族)と言えば、かつては大理国を作っていたチベット系の民族で、現在は雲南省大理のペー族自治州を中心に住んでいます。民族名の由来は、未婚の女性が頭に巻き付ける白い羽根飾りから来ていると言われています。
昆明 雲南民族村(傣寨)
雲南省昆明の雲南民族村の傣族(タイ族)の村の紹介です。傣族(タイ族)はタイの国が主体ですが、ミャンマー、中国、インド、ベトナム、カンボジアなどタイの周囲の国々にも住んでいます。中国国内の傣族は約126万人です。仏教を信仰する人が多く、孔雀や象を縁起物としています。
昆明 雲南民族村(佤族、水族、布朗族、蒙古族)
雲南省昆明の雲南民族村の佤族、水族、布朗族、蒙古族の村の紹介です。佤族(ワ族)は雲南省に住む少数民族です。布朗族(プーラン族)は雲南省に住んでおり、人口は約11万人とかなり少ない民族です。トウモロコシや大豆などを主食とし、米や肉・魚・昆虫なども食べるようです。

麗江・シャングリラの観光情報はこちら

この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものだけをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
昆明観光
\気に入ったらシェアをお願いします/
\しゅうしゅうをフォローお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

スカイスキャナー

海外航空券の検索比較サイトです。
いろんなサイトの価格比較をするのは大変なので私はこのサイトで一番安い価格をよく探します。

◎LCCも含めて一気に航空券の比較が可能
◎ホームページが使いやすい(検索条件など)
○「最適」「最安」「最短」のプラン提示
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
○大阪ー中国のような探し方もできる
(大阪から中国のどの都市が最低いくらかなど)

Trivago

国内・海外ホテルの検索比較サイトです。
いろんなサイトのホテル価格を一気に比較し、予約ができます。

◎CMでもおなじみで安心
◎一気にホテル価格の比較が可能
◎ホームページが使いやすい
○地図と連動し、ホテルの位置がわかる
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
〇各サイト比較でこれまで安いと思っていたサイトが高い場合もあることがわかる

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ