嵩山 少林寺 ~カンフーで有名な少林寺に行きました~

少林寺の看板 観光
スポンサーリンク

嵩山 少林寺 / Songshan Shaolin temple

一度行ってみたかった少林寺、洛陽に宿泊しているときにふとフロントを見ると、少林寺の日帰り観光ツアーが出ていて、そんなに高くないので参加してみました。

当然中国人向け現地ツアーなのでガイドもお客さんも中国の人。小型のバスで延々と少林寺に向けて走ります。途中でお昼ごはん。お昼ご飯の料金もツアーに含まれていますが、普通の地元ごはん。見知らぬ中国の方々と円卓を囲んで割と楽しく食事。その後、少し走ると、ついに到着しました。

少林寺は山岳部の奥の方かつ山の上で秘境感があり、良い感じです。実際は河南省登封市にあります。近くの大きな都市としては洛陽や鄭州があります。(といっても洛陽も鄭州も距離はかなりありますが)「天地の中央」にある登封の史跡群として世界遺産に登録されています。嵩山少林寺をはじめとする歴史建造物群を対象にしているとのことです。

少林寺山門

少林寺山門

少林寺で最初に目にはいったのが山門です。山門は少林寺の大門で1735年に建てられたとのことです。少林寺の入り口を代表しています。

少林寺山門側面

山門を横から見た写真です。

少林寺山門周辺その1

山門を通り抜けた後の広場周辺です。

「少林文化 人類遺産」の石碑

少林寺石碑

「少林文化 人類遺産」と書かれた石碑です。

嵩山歴史建築群の案内図

少林寺構内図

嵩山歴史建築群の案内図がありました。

カンフー感を感じる僧侶の像

少林寺銅像

少し「カンフー」感が出てきました。

少林寺

しばらく歩くと少林寺が見えてきました。

少林寺入り口その2

ついに来た少林寺!

少林寺の入り口はすごく多くの観光客で溢れていました。

私も団体の旅行ツアーで来たのですが、同じと思われる他の団体ツアーの人もかなり多くいました。ガイドさんが観光バス1台分の30名くらいを引き連れて、旗みたいな目印を持って先導して歩く姿が多くみられました。おそらく秘境なので、なかなか公共交通機関を使って、自分の力で来るのが難しい場所だからだと思います。

少林寺 カンフーショー

少林寺カンフーショーその1

 

少林寺と言えば少林寺拳法(カンフー)ですね。観光用にカンフーショーがありました。映画のような感じでおもしろかったです。

少林寺カンフーショー全体

少年たちが10数名出演しています。一番小さな子は小学校低学年ぐらいに見えます。部隊の上で、武器を使った演舞やカンフーの技を見せてくれます。みんな非常に身の軽い動きで、日ごろ厳しい訓練をしているのかもしれません。

少林寺カンフーショー4

このカンフーショーは少林寺に入場している人であれば、だれでも無料で見れます。ただ、時間帯が決まっていると思いますので、時間を確認するようにした方がよいと思います。

少林寺カンフーショーその2

最後は観客席の近くまで降りてきてくれました。

少林寺 天王殿

少林寺は由緒ある大きなお寺なので、いろんな建物が並んでおり、それぞれに意味を持っています。

少林寺天王殿その1

天王殿には有名な金剛像があります。金剛像は入り口の左右にいます。

少林寺天皇殿の金剛像その2

少林寺天皇殿の金剛像その1

その中に「風」「調」「雨」「順」を象徴する四天王を奉っています。

少林寺天皇殿の四天王その1

少林寺天皇殿の四天王その2

少林寺 大雄宝殿

少林寺大雄宝殿

大雄宝殿は寺院としての仏事を行う中心の場所です。

少林寺 蔵経閣

少林寺蔵経閣遠景

蔵経閣は蔵書が管理されており、800万巻保管されているとのことです。

少林寺 鐘楼・鼓楼

少林寺鼓楼遠景

少林寺鼓楼近景

大雄宝殿の東側が鐘楼、西側が鼓楼。

少林寺 千佛殿

少林寺の千佛殿

千佛殿は殿内の壁画が有名。

少林寺 塔林

少林寺塔林その7

塔林は古くは唐、その後、宋、金、元、明、清、現代の各時代の石墓塔

少林寺塔林その8

歴代の少林寺の高僧はここにまつられているとのこと。

少林寺塔林その5

面積は約20,000㎡、石墓塔は約240あり、大きさやデザインも塔ごとに異なっています。

少林寺塔林その3

少林寺 番外編

少林寺構内バス

少林寺は結構広いので観光客向けの移動用のバスもあります。

少林寺ラクダ

なぜか少林寺にラクダ!?がいました。観光用として、乗って歩けるのだと思います。もちろん料金がいるとは思います。

少林寺は一度は行ってみたかった場所だったので、すごく良い思い出になりました。私は洛陽からの日帰り少林寺観光ツアーを利用しました。行き方が少し難しいので、なかなか行けない場所だと思います。中国に行く機会のある方、あるいは中国に長くいる予定のある方などはぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

嵩山 少林寺 観光情報

  • 住所:河南省登封市嵩山少林寺风景区
  • 景区級別:AAAAA
  • 入場料:100元
  • 時間:8:00~18:00
  • 観光時間目安:3~4時間

嵩山 少林寺の交通アクセス・行き方・地図

少林寺へは鄭州(郑州)からバスで行くか、鄭州や洛陽などで現地の日帰りツアーに申し込むかが良いと思います。

鄭州(郑州)からの少林寺へのバスでの行き方

鄭州駅(郑州火车站)の近くにある「鄭州長途汽車中心站」から少林寺行きのバスが出ています。

朝は6:30から20~30分おきに出ています。運賃は28元(2019年現在)

ワンポイントアドバイス

  • 嵩山 少林寺はカンフー色が強いわけではなく、名前の通り、由緒ある寺院だよ
  • 少林寺まで2時間くらいはバスに乗っていたと思うのでバスが苦手な人は注意してね
  • 中国に慣れていない人は現地の少林寺観光ツアーに参加するのが無難です
この記事を書いた人
しゅうしゅう

こんにちは!しゅうしゅうです。中国大好きな大阪在住の日本人です。
中国好きのみなさまに対して、中国旅行記を中心に、私が本当に好きなものや本当に良いと思うものだけをブログで発信していきたいと思っています。

\しゅうしゅうをフォローお願いします/
スポンサーリンク
観光鄭州
\気に入ったらシェアをお願いします/
\しゅうしゅうをフォローお願いします/
中国旅行で役立つサイトランキング
Trip.com

中国のホテル予約にダントツに強いです。
私は中国でホテルを予約する場合、このサイトを使っています。

◎そもそも中国の人もよく使っている有名サイト
◎中国のホテル予約では他のサイトより断然強い
◎ホテル価格も現地並みの安さ
○宿泊プランの細かな指定可能
(食事有無、ベッドサイズ、WIFI有無、キャンセル無料、現地払など)
○航空券も手配できる
◎日本にいながら新幹線や寝台列車が手配できる
○鉄道を予約した場合ホテル割引がある

スカイスキャナー

海外航空券の検索比較サイトです。
いろんなサイトの価格比較をするのは大変なので私はこのサイトで一番安い価格をよく探します。

◎LCCも含めて一気に航空券の比較が可能
◎ホームページが使いやすい(検索条件など)
○「最適」「最安」「最短」のプラン提示
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
○大阪ー中国のような探し方もできる
(大阪から中国のどの都市が最低いくらかなど)

Trivago

国内・海外ホテルの検索比較サイトです。
いろんなサイトのホテル価格を一気に比較し、予約ができます。

◎CMでもおなじみで安心
◎一気にホテル価格の比較が可能
◎ホームページが使いやすい
○地図と連動し、ホテルの位置がわかる
○各サイトと連動。購入ページにも遷移できる
〇各サイト比較でこれまで安いと思っていたサイトが高い場合もあることがわかる

NEOMONEY

日本で日本円で入金した金額を海外のATMで現地通貨で引き出したり、VISAカードのように使うカードです。

◎先に入金(チャージ)するので使いすぎない(入金した範囲でしか使えない)
◎入会金、年会費は無料
◎銀行口座開設、設定も不要
○13歳以上なら申し込みOK
〇クレジットではないので審査がない
◎中国ユーザーにはVISAだけではなく銀嶺もある
△海外の利用や残金払い戻しには手数料がかかる

グルヤク

海外の有名レストランが24時間予約できるサイト
上海、香港、台湾などの名店の予約ができます。

◎日本から予約可能
◎日本語サイトからの予約(現地語は不要)
○大都市の有名レストランが予約できる
△予約料金は必要
◎事前予約なので大事な場面でも安心

しゅうしゅうの中国ブログ