河南名物の烩面

河南省名物の烩面グルメ
この記事は約3分で読めます。

中国にはいろいろな麺料理があります。

河南省も北部は小麦がよく採れますので、小麦を使った料理が多くあります。

この烩面は河南省名物の麺料理の1つです。

また「中国十大麺」の中の1つにあげられています。

スポンサーリンク

河南省の鄭州の街にはたくさん烩面のお店があります

河南省名物の烩面のお店その1

鄭州と言えば河南省の省都ですが、街を歩けば烩面などの麺料理のお店がたくさんあります。

河南省名物の烩面のお店その2

こちらは鉄道の鄭州駅にあった烩面のお店の看板です。

このように河南省(鄭州)では街のいたるところで烩面を食べることができます。

烩面のお店の様子やメニュー

河南省名物の烩面のお店のメニュー

お店のメニューの一部です。

「老式烩面」が30/20/15元と書かれています。

このお店の場合、値段の違いはサイズ(大きさ)の違いです。

河南省名物の烩面のお店の様子その1

私は「烩面」と「紅柳烤肉」をオーダーしました。

厨房の様子が見えます。

紅柳烤肉と羊肉串

右側が焼く前の「紅柳烤肉」で左側が「羊肉串」です。

「紅柳烤肉」の方が肉も大きく、ボリュームがあります。

もちろんその分値段も高いです。

河南省名物の烩面などを作る調理場

写真左の人は「紅柳烤肉」などの串物を焼いています。

写真右の人は「烩面」を手で伸ばすような感じの動作をしていました。

スポンサーリンク

烩面など実際の料理の様子

烩面はこんな感じです

河南省名物の烩面

「烩面」のできあがりの様子です。

スープは羊の肉や骨などを煮て作っています。

スープの色は薄い白色でかなりあっさりした味です。

スープの上にはパクチー(香菜)がのっています。

河南省名物の烩面の麺のアップ

麺のアップの写真です。

刀削麵にも似た感じですが、薄さは割と均等で幅広の麺です。

見た感じは「きしめん」や「ほうとう」に近い感じですね。

なかなかこの麺、コシがあっておいしいです。

麺以外にも海藻を細く切ったもの(海带丝)や豆腐類を細く切ったもの(豆腐丝)やイモ類のデンプンから作る麺状の粉条などが入っています。

河南省名物の烩面の上にのっている牛肉

麺の上にのっているのはこの牛肉です。

中国では麺の上にはこの牛肉がのっていることが多いです。

あまり味がないので私はこの牛肉は好きではありません。

烩面のお店に置かれていた調味料

河南省名物の烩面の調味料

調味料は黒酢と塩とラー油です。

薄味のスープを最後に調味料を使って自分の好みに合わせていきます。

中国の現地の人は黒酢が好きな人が多く、麺のスープにも黒酢を入れる人が多くいます。

辛いものが得意な人はさらにラー油をたくさん入れます。

焼きあがった「紅柳烤肉」

紅柳烤肉

これが焼きあがった紅柳烤肉です。

肉は羊肉です。

軽く唐辛子とごまがかけられています。

一本一本がボリュームがありました。

「中国十大麺」の1つ「刀削面」はこちらへ

スポンサーリンク