大連空港国際線フロアマップや交通アクセス・行き方

大連空港生活
この記事は約4分で読めます。
大連観光情報
大連の地図上の位置、人口・面積・GDP・日本への就航都市などの都市情報や観光スポット、名物料理の紹介、大連の気温・降水量などの大連に関するいろんな情報を集めてみました。

 

大連周水子国際空港の出発フロアをメインにご紹介します。

大連周水子国際空港は市内中心部からもそんなに遠くないので、市内から空港までタクシーで行った場合もそんなに高くなく、また地下鉄も通っていて便利な場所にあると思います。

スポンサーリンク

ホテルなどから大連空港への行き方・アクセス

1.タクシーで大連空港へ行く

市内中心部(例えば大連駅など)から大連周水子国際空港は約12km程度です。

タクシーの場合、渋滞しなければ20分くらいで到着しますし、料金も30元程度です。

朝などは渋滞する時間帯もあり、ひどい渋滞でなければ渋滞でも40分ぐらいで到着します。

2.地下鉄で大連空港へ行く

地下鉄で大連周水子国際空港に行くには地下鉄2号線に乗る必要があります。

大連の街の中心部である友好広場から空港までは13駅です。

地下鉄2号線・・・辛寨子駅~海之韵駅を結ぶ路線
大連空港や西安路、青泥洼橋、友好広場、中山広場などを繁華街を通る路線。西安路で1号線に乗り換えが可能。街の中心部を通るので便利
大連 地下鉄での大連周水子国際空港への交通アクセス・行き方
大連で地下鉄での大連周水子国際空港への交通アクセス・行き方を解説します。地下鉄は渋滞しないので「到着時間が読める」「市内からも地下鉄2号線一本でいける」「値段が安い(市内中心部からでも4元程度)」などのメリットが多くあります。

大連空港のフロアマップ

大連空港の到着ロビー(1F)のフロアマップ

大連周水子空港到着ロビーマップ

大連空港の一階は到着ロビーとなっています。

フロアマップの右側が国内線到着、左側が国際線到着です。

大連空港の出発ロビー(2F)のフロアマップ

大連周水子空港出発ロビーマップ

二階は出発フロアになっています。

大連空港の到着フロア

大連空港の国際線到着ロビー

実際の国際線到着ロビーはこんな感じです。

飛行機の到着状況を伝える電光掲示板も便数がそれほど多くないため、大きくはありません。

現地の旅行会社やお出迎えの人ともあまり迷わずに出会えると思います。

大連空港の国際線掲示板

大連空港の掲示板です。

大連空港のエスカレーター

一階と二階はエスカレーターで行き来できます。

大連空港の出発フロア

大連空港の出発フロア

二階の国際線出発フロアはこんな感じです。

写真の上側の真ん中に国際線出発と右側の矢印が出ているところから入ります。
入口にチェックする人がいて、パスポートを見せて中に入ります。
大連空港の国際線の航空会社カウンターは入り口の中にあります。
(北京首都国際空港の第二ターミナルと同じパターンです)

大連空港の中の国際線航空会社チェックインカウンター

大連空港の国際線チェックインカウンター案内図

大連空港の中の国際線チェックインカウンターは右側のC区と左側のD区の大きく2か所に分かれています。

ANAやJALなど日系航空会社もあるチェックインカウンターD区

大連空港国際線チェックインカウンターD区

日系の航空会社は左側のD区です。

全体的にD区の方が多いように思います。

D区は出国審査場に近いです。

中国南方航空や春秋航空のチェックインカウンターがあるC区

大連空港のチェックインカウンターC区につながる通路

右側は案内板に記載の通り、中国南方航空や春秋航空はC区です。

このような通路があり、奥に進むとチェックインカウンターがあります。

場所が少しわかりにくいかもしれませんのでこの写真を参考にしてください。

大連空港国際線チェックインカウンターC区

通路の奥にチェックインカウンターがあります。

私が何度か春秋航空を利用した時はカウンターは奥の方でした。

チェックインカウンター近くにもいくつかは座るところがあるので早く着いた場合は椅子に座ってチェックインが始まるのを待てば良いと思います。

大連空港の食事場所・レストランは少ないです

はっきり言って大した食事場所はありません。

空港の中に入る前に食事をするなら国内線側に行った方が良いです。

国際線で出国した後は軽食をレベルのものになりますね。

大連空港国際線出国後のサブウェイ

国際線を出国した後に何かを食べる時は私はたまにサブウェイを使っています。

出国も終わっているので、搭乗の時間まで落ち着いて食べられるからです。

大連の観光情報や交通情報

大連地下鉄や路面電車の乗り方はこちらをどうぞ

大連の有名餃子店「大清花餃子」はこちらをどうぞ