西安 兵馬俑② 掘り出された兵馬俑の数々

兵馬俑の一号銅車西安
この記事は約5分で読めます。
西安観光情報
西安の地図上の位置、人口・面積・GDP・日本への就航都市などの都市情報や観光スポット、名物料理の紹介、西安の気温・降水量などの西安に関するいろんな情報を集めてみました。

掘り出された兵馬俑などの数々が展示されている秦始皇兵馬俑博物館の陳列庁をご紹介します。

スポンサーリンク

秦始皇兵馬俑博物館 陳列庁

秦始皇帝兵馬俑博物館 陳列庁

秦始皇兵馬俑博物館の陳列庁です。

掘り出された兵馬俑や2台の銅車馬が展示されています。

秦の始皇陵に関する年表

秦の始皇帝陵の解説

1974年3月29日に1号坑、1976年4月23日に2号坑、1976年5月11日に3号坑が発見されています。

また有名な2台の銅車馬は1980年12月に出土しています。

秦の始皇帝

兵馬俑の秦の始皇帝

秦の始皇帝はこんな感じだったのでしょうか!?

秦の始皇帝は趙の首都である邯鄲の生まれで紀元前259年以前の出生と言われています。

紀元前221年には初めて中国を統一し、漢、趙、魏、楚、燕という6ケ国の漢民族を強力な1つの中央集権国家として秦王朝を確立し、中国の自国の土地の境界線を引きました。

兵馬俑陳列庁の2台の銅車馬

兵馬俑の一号銅車馬

陳列庁で特に有名なのが2台の銅車馬です。

こちらが1号銅車馬です。

4台の馬と車の上に人が乗っています。

ものすごく精巧にできていて、当時の様子がすごくわかる感じがします。

これが何千年も前に作られていたのだから、すごいことですね。

兵馬俑の一号銅車馬の側面

左側の後ろからのショットです。

車輪付きの引き車の上に人がいる感じです。

簡単な荷物などは運べそうですね。

兵馬俑の一号銅車馬の解説図

1号銅車馬の各部の名称を解説する図です。

スポンサーリンク

兵馬俑の二号銅車馬

こちらが2号銅車馬です。

車のような感じのものを馬4台が引き、運転手が一人いるという感じです。

今で言う車ですね。

秦の始皇帝は統一した自分の領土を周遊したという話も、こういう技術が発達していたと思うと理解できますね。

兵馬俑の二号銅車馬後方

2号銅車馬の後方からの写真です。

兵馬俑の二号銅車馬の解説図

 

2号銅車馬の各部の名称を解説する図です。

スポンサーリンク

数々の兵馬俑

兵馬俑の高級軍吏俑

元々兵馬俑は古代中国で死者の墓に副葬される冥器の一種であり、亡くなった人の死後の生活のために製作されてきました。

秦の始皇帝陵の兵馬俑においては兵馬など軍隊を中心にしながらも、生活に必要なものもあり、規模は中国最大級です。

以降の時代は小型化や簡素化が進みました。

これは高級軍吏俑と呼ばれるものです。

兵馬俑の中級軍吏俑

こちらは中級軍吏俑です。

このころから身分や役職というものがはっきりしていたと思われます。

兵馬俑の跪射俑

こちらは跪射俑で、二号坑で発見されています。

ひざまずいて、弓を引く様子です。

兵馬俑の立射俑

こちらは立射俑です。同じく2号坑で発見されました。

その他の展示物

兵馬俑の銅器類の解説

いろいろな生活に関する出土物なども展示されています。

足が3本のもの4本のものや取っ手があるもの、やかんのような形など、興味深いものがあります。

兵馬俑の銅器などの展示

展示の様子です。

かなり多くが展示されており、見ごたえがあります。

兵馬俑の陶器の展示

陶器などの展示です。

兵馬俑から銅器などが掘り出される様子

掘り出されたときのイメージです。

兵馬俑は世界遺産

兵馬俑の世界遺産証

兵馬俑は世界遺産です。

世界遺産であることを示す証明もありました。

 

西安 兵馬俑① 秦始皇兵馬俑博物館」はこちらへどうぞ
西安 兵馬俑① 秦の始皇帝兵馬俑博物館
兵馬俑/秦始皇兵馬俑博物館は西安観光のハイライトです。近くに秦の始皇帝陵や華清池もあり絶対おすすめの観光スポットです。秦始皇兵馬俑博物館の1~3号坑の紹介をします。兵馬俑の場所やバスで西安駅から兵馬俑への行き方、バス路線図、地図などの交通アクセスも解説します。
最近はコロナ対策でZoomを使ったオンラインツアーが注目です

「旅行に行きたくてもコロナで行けない」「だいぶん前に行ったけどまた行きたいと思っていた」などいろんな理由があるようですが、けっこう人気があるようです。

【オンライン・アカデミー】古都西安の世界遺産「兵馬俑」を現地ベテランガイドが生中継でご案内!<日本語/Zoom利用> | 西安の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
圧巻のスケールを誇る西安人気の観光スポット「兵馬俑」をオンラインで訪れます!兵士と馬の実物大の陶器が並べられた様子はオンラインで見ても神秘的。ガイド・手配経験20年、西安旅行の達人が兵馬俑の魅力を余すところなくお伝えします。

西安 兵馬俑の観光情報

  • 住所:陕西省西安市临潼区秦陵北路
  • 景区級別:AAAAA
  • 入場料:120元(最盛期は150元)
  • 時間:3/16~11/14 8:30~17:30  11/15~3/15 8:30~17:00
  • 観光時間目安:3時間

西安 兵馬俑への交通アクセス・行き方・地図

兵馬俑への行き方(おすすめ)
西安駅(西安站)のバス乗り場から游5/306路、914路、915路など兵馬俑に直通のバスに乗るのがおすすめです。游5/306路は途中のバス停が少なく兵馬俑が終点なので、特におすすめです。バスが満員になったら、出発するので、頻繁に出発します。乗車時間は1時間45分程度です。(帰りは時間によってはかなり渋滞します)
<バスの停留所情報>
往路:游5/306路(始発7:00)

西安 兵馬俑のワンポイントアドバイス

  • こちらの方面は秦の始皇帝陵華清池などの観光スポットもありますので、朝早くから出発して1日かけて、何か所か周遊するのが効率的です。
  • 秦の始皇帝陵と兵馬俑間には無料バスがあります。
  • バスが安いので西安駅から游5のバスで行くのがおすすめです。(夕方になると西安市内に入ってから渋滞するので、往き以上に帰りは時間がかかるので注意してください)

 

西安 鐘楼・鼓楼 ~古都長安の中心~
西安の中心にある「鐘楼・鼓楼」の観光情報、交通アクセス・行き方・地図、ワンポイントアドバイスを紹介しています。鐘で時間の告知をするための鐘楼。今も昔も西安の街の中心です。高さは36m、明の時代の1384年に創建され、1582年に現在の場所に移されました。近くには鼓楼もあり、交通アクセスもよく、おすすめの観光地です。
西安 鐘楼・鼓楼の夜景
西安の鐘楼・鼓楼の夜景はライトアップされて、すごくきれいです。鐘楼・鼓楼の観光情報、交通アクセス・行き方・地図を紹介しています。交通アクセスもよく、おすすめの観光地です。鼓楼の北側の北門院街は夜はお店がたくさん出てにぎやかです。
西安 明時代の城壁
西安の明時代(13世紀後半)に建設された城壁(西安城墙)の観光情報、交通アクセス・行き方・地図を紹介します。鐘楼の近くにある永寧門(南門)から城壁の上に登れます。現存する中国の城壁では最大かつ最も完全な形で残っている貴重な城壁です。城壁の四方全部残っており、城壁の上の道路をレンタル自転車で一周できます。